【ダイワ】2019年スティーズCT SV TW発表。ちょっと名前長すぎねぇか…

タックル
スポンサーリンク

ダイワの2019年新製品「スティーズCT SV TW」が発表されました。何が変わったのか、そしてCTとは一体何なのか、さっそく紹介したいと思います。

 

CTとはなんぞ?

出典:youtube

今回のスティーズはCT SV TWという長ったらしい名前が付いています。

SVは「SVスプール」

TWは「T-ウイングシステム」

ではCTは何かというと「コンパクト&タフ」らしいです。

 

要するに2019年のスティーズは小さくなって剛性が良くなったってことですね!

 

スペック

  • 自重:150g
  • ギア比:H6.3、XH8.3
  • 巻取り長さ:H59㎝、XH76㎝
  • 糸巻量:12ポンド70m、14ポンド60m
  • スプール30mm
  • 最大ドラグ力:4.5㎏
  • ベアリング:12+1(ローラー)
  • 価格:58,800円

 

HがハイギアでHXがエクストラハイギアになります、今回はこの2種類しかないようですね。

コンパクトを謳っているということで前回のスティーズより小さく軽くなっています。気になる特徴をさっそく見ていきましょう。

30mmスプール

出典:youtube

コンパクトになったのには理由があります、それは30mmのSVスプールを搭載しているからです。

今年発売された「SVライトリミテッド」が32mmだったので、それより小さいスプールということです。

糸巻き量は12ポンド70m14ポンド60mとなっていてます、小さいスプールなのでここはしょうがないですね。

 

今回のスティーズはベイトフィネスのような使い方もできるようです。シマノでいうアルデバランMGLのような感じかな。

 

 

とにかく小さい

出典:youtube

手にすっぽり入るくらい小さいリールになります。

重量は150gくらいだそうです、スティーズ SV TWが160gなので10gほど軽くなっているみたいです。SVライトリミテッドが148gなのでその辺りをイメージすればいいかな。

 

小さすぎるリールって不安な気持ちになりますが、どうなんだろ…。やっぱり実際に触ってみたいですね。

 

▼新製品買うならナチュラムがおすすめ

CTシリーズは他にも登場する

実はCTシリーズは他にも登場する予定です。

 

  • ミリオネア CT SV
  • アルファス CT SV

 

この二つのリールがCTシリーズとして追加されるようです。

ミリオネアは海用がほとんどなので、バス用がでるのはミリオネアCV-Z以来でしょうか。アルファスはアルファスエアが16年に発売して以来ですね。

 

ミリオネアは丸型リールでCT(コンパクト&タフ)なのでどんな感じになるか楽しみですね。かっこいいのを期待してます!

 

公式動画

 

スティーズCT SV TWの公式動画になります。ダイワに所属しているプロの方々が実際にキャストしているので是非参考に見てみて下さい。

動画を見る限りではやはり軽いルアーを中心に使うようなリールみたいですね。

橋本さんが「すげーこれ、ついにここまで来たか」と棒読みなのがちょっと笑えるw

 

▼釣り具をネットで購入するならナチュラムがおすすめ

まとめ

いかがだったでしょうか?今回の記事を5秒でまとめると…

 

  • CTはコンパクト&タフ
  • 30mmの小さいスプールを搭載している
  • CTシリーズは他にも発表される予定

 

スティーズCT SV TWは2019年3月に発売されるということで、その前にフィッシングショーで触ってこようと思います。

また感想などを追記していきますのでお楽しみに。

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いしますm(__)m

コメント