【2018年】今年買ってよかったもの『ルアー編』。

ルアー
スポンサーリンク

2018年も今日で終わりということで、今年を振り返って買ってよかったルアーをご紹介したいと思います。

 

Bカスタムチャター

 

チャターで釣ったことがなかった私、今年の秋になんとかして釣りたいと思いセレクトしたのがBカスタムチャターでした。

長細いヘッド形状に太いスカート。まさに琵琶湖でデカバスを釣るために開発されたチャターです。

重さは3/8ozでトレーラーにはサカマタシャッド5インチを選びました。

 

 

たった2投目の出来事でした。水面から50センチくらいをリトリーブさせているといきなりドン!

49センチのブリブリバスをゲットすることができました。本当に嬉しかったな…。

来年もBカスタムチャターを使っていいバスを釣りたいな。

KROスピンテール

 

今年デプスから発売されたKROスピンテール。ジャッカルのデラクーみたいだけど、デラクーではない。

ミスバイトもしっかりフッキングできる長いアシストフックに助けられました。

 

 

淡路島のバス釣り遠征に行った時、台風後でバスの活性が非常に悪かったんです。

ソフトルアーを投げても反応なし、どうしようもない状況でKROスピンテールだけは反応してくれました。

バスのサイズは小さいですが、アシストフックのおかげでしっかりとフックオンしてくれる。こいつがなかったら淡路島遠征は最悪の結果になっていたでしょうw

クラップクロー

 

今年50UP以上のバスを一番釣ってくれたのがクラップクローでした。私のお気に入りはサクラベビー、琵琶湖の南湖ではこのカラーが爆釣でした。

基本的にはテキサスで使っています。ラバージグのトレーラーとても使いやすいです。デプスのマテリアルはしっかりしているので修復して何度も使うことができるのがいいですね。

 

 

実はクラップクローは1年に1~2度ほどしか店頭に出回らないレアなルアーなんです。だから発売されたときはストックすることをおすすめします。

来年の春もクラップクローが大活躍してくれること間違いないしです。

リバウンドスティック

 

今年発売されたデプスのワームではリバウンドスティックが一番良かったと思います。7インチ、5インチとも琵琶湖でたくさんのバスを釣ることができました。

 

 

前後で太さが違う形状でしっかりと動いてくれるので普通のストレートワームよりアピール力があってデカバスを引き寄せやすいです。

特に5インチは使いやすかったな。スピニングでネコリグとしても使えるし、ベイトでテキサスリグでも使えます。

イモリッパースリム

 

正直なんでイモリッパースリムが釣れるのか使うまでわかりませんでした。

使ってわかったのがこいつはほとんどフォールで食わせるワームです。飛距離、カバーでのすり抜けがピカイチでした。

 

 

南湖のドシャローのカバーで釣ることができたデカバス。こいつはイモリッパースリムがなかったら釣れなかったと思います。

それからイモリッパースリムにハマったのは言うまでもないかなw

まとめ

今年初めて使ってしっかりと釣果をあげれたルアーを紹介しました。

なんだかんだ昔から使っているルアーに頼りがちですが、新しい釣り方や新製品もしっかりとレビューしていきたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いしますm(__)m

コメント