【琵琶湖】南湖で2馬力ボート釣行!アフターモード狙いのリグはどれがいい?

琵琶湖
スポンサーリンク

久しぶりに南湖で2馬力ボートに乗ってきました。

スポーニングが終わって、アフターモードの琵琶湖の状況や釣果をご報告したいと思います。

 

南湖の様子

 

 

5月後半にもなり、気温も安定してきて、春の風が収まり釣りがしやすい季節になりました。

本日の天気はローライトで水もすごくよく、まさに釣り日和って感じです。

レンタルボート屋さんに聞いたところ、昨日は放水も行われていて水も動いてよく釣れていたとのこと。

この時期はスポーニングから回復しつつあるアフターを狙っていきます。

 

とりあえずネコリグから

 

 

普段朝一は巻物で広範囲を攻めるのですが、アフターということで巻きスピードについてこれないものも多いかもと思い一発目はネコリグで。

この時期はとくに大きめのものを選ぶのがいいと思います!

下物沖のウィード生えているところを狙ってひたすらシェイクしては放置を繰り返しましたがアタリはなし。

周りのボートでは結構釣れているのでこれだけは運もありますね〜。

 

 

フリーリグ

 

 

今ではテキサスリグより主流になったフリーリグを使ってみました。

フリーリグの特徴としては

 

  • フォール時にフリー状態になり自然なアクションをしてくれる
  • ゴミやウィードが絡みにくい
  • 根掛かりしにくい

 

これだけくらいしか思いつかないですが、かなり扱いやすいです。

オープンフィールドで投げるのであればテキサスより確実にメリットは多いと思います。

3〜4mを狙うので7〜10gのシンカーがいいでしょう。

 

 

そんなこんなで、ブルフラットをずるずる引いていると弱ーいアタリが。

引きもかなり弱かったので、35センチくらいかな…と思ったのですが上がってきたのはこいつ。

 

 

まぁまぁデカイやん!!

でも完全にアフターの魚でほとんど抵抗せずに上がってきましたw

 

 

測ってみると48センチとまずまずのサイズ。

ブルフラットをがっつり丸呑みされちゃいました、おえおえ棒持ってて助かりました。

ただでさえスポーニング後で体力がないのでバスを傷つけないためにも必須ですね!

 

 

その後は風が少し強くなり、シャローに入りましたがアタリもなし。

一緒に行った友人は完全にデコってましたw

雰囲気も釣れそうな感じでしたが、なかなか難しいですね。

日曜日ということもあり、昨日のプレッシャーもあったかもしれません。

 

まとめ

 

アフターの魚はゆっくり引いてこれる、大きめのネコリグやフリーリグがおすすめです。

この時期ではシャローに餌を求めて入ってくるバスをミノーやシャッドで狙うのもいいかもしれません。

もうすぐアフターから完全に回復してきて、ギルなども増えてくるのでもっと釣れると思います。

再来週はレンタルボート屋の大会に出場するので、また報告したいと思います。お楽しみに!

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いしますm(__)m

コメント