クランクベイトを使いこなしてデカバスを釣ろう!おすすめシャロークランク5選

ルアー
スポンサーリンク

バス釣りをする上で欠かせないルアーとも言えるクランクベイトですが、特におすすめしたいアイテムを5つご紹介したいと思います。

 

 

クランクベイトとは

 

 

クランクベイトはルアーの中でもアピール力がある「強いルアー」です。

とくに濁りの強いフィールドでバスに見つけてもらうのにとても効果的です。

逆にクリアウォーターでは不向きと言えるでしょう。

ボディー形状は丸みを帯びたラウンド形状のものと、フラットボディーの2種類あり、状況に応じて使い分けていきましょう。

潜行深度によってシャロークランク、ミドルクランク、ディープクランクとリップの長さで変わってきます。

 

おすすめのクランクベイト

 

今回はおかっぱりで主に使用するシャロークランクをメインに紹介していきます。

 

O.S.P/ブリッツ

 

 

出典:OSP

 

超攻撃型シャロークランクの異名を持つブリッツですが、まさに電光石火のごとくシャローエリアを巻き倒すのに向いているルアーと言えます。

ストラクチャー回避性能はもちろん、安定したスイミング、低重心ウエイトによるキャスタビリティがブリッツには兼ね備えています。

おかっぱりをテンポよくランガンしていきたい人に特におすすめです。

 

 

メガバス/SR-Xグリフォン

 

出典:メガバス

 

初代からほとんど変わらないルックスと爆発的な釣果は、発売から20年経った今でも色あせることはありません。

小気味いいアクションと、ピンボールアクションというストラクチャーやボトムをノックしたときに発揮する素早い復帰性能はグリフォンの真骨頂です。

一口サイズのボディーはスレたバスもバイトに持ち込みやすく、まさに食わせのクランクと言えるでしょう。

 

 

ジャッカル/アスカ60SR

 

 

ファットなボディーからは想像もできない、ハイピッチアクションを生み出すクイックレスポンスなクラフトベイトがアスカ60SRです。

数々の名作ルアーを世に送り出してきた加藤誠司氏がプロデュースしたのもうなずける、早巻きでの直進安定性、ヒラ打ちからの立ち上がりの早さなど随所にこだわりが見られます。

護岸エリア、立木などで「当てて食わす」シチュエーションに向いているルアーです。

 

 

O.S.P/HPFクランク

 

出典:OSP

 

フラットなボディー形状がフラッシング効果と強烈な波動を生み出します。

ラウンド形状のショートピッチなアクションと比べると、大振りなハイピッチアクションですので広範囲にアピールすることが可能です。

フラットなボディー形状はキャスタビリティ性能で劣る部分がありますが、HPFクランクは大型タングステンによる重心移動でカバーしております。

濁りが効いたフィールド、広範囲にサーチしたい場面で活躍すること間違いなしです。

 

ダイワ/ピーナッツ2

往年の名作、「ピーナッツ」の現代版がピーナッツ2です。「よく飛び・よく泳ぎ・よく釣れる」のキャチフレーズの通り、数々の実績から裏付けられた名作ルアーと言えます。

チープなデザインからは想像もできない小気味いいワイドアクションとロールを演出してくれます。

どんな状況下でもはまってしまう万能クランクですので、何を投げるか悩んだらピーナッツ2をキャストしておきましょう。

 

 

まとめ

今回はおかっぱりで一番出番のあるシャロークランクを中心にご紹介してきました。

バスが積極的にベイトを捕食しているシーンだけでなく、ボトムでステイしているバスに対してもクランクベイトならではのヒラ打ちでリアクションバイトを誘発することができます。

積極的にストラクチャーにコンタクトさせてバスのスイッチを入れていきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いしますm(__)m

コメント