【2019年】春のバス釣りで大活躍、クロー系ワームランキング。

ルアー
スポンサーリンク

春に活躍するワームと言えばクロー系です。

たくさんのメーカーから出ているので、どれがいいか迷ってしまいますね。

今回はそんなクローワームをランキング形式でご紹介したいと思います。

 

なぜ春はクロー系なのか?

 

それは3月下旬~4月にかけて「ザリガニ」が冬眠から目を覚ますからです。

とくにこの時期のバスは甲殻類をたくさん捕食するため、ザリガニは恰好の獲物ということになります。

特にザリガニカラーである赤色系が効果的だと言われています。

もし良く行くフィールドでザリガニを見つけたのであれば、是非投げてみて下さい。

 

クロー系とシュリンプ系の違い

 

 

ザリガニは英語で「クローフィッシュ」、エビは「シュリンプ」です。

クロー系と呼ばれるワームには大きなハサミが付いているのが特徴です。

シュリンプ系は大きいハサミはなく、「手長エビ」を模したワームに使われることが多いですね。

 

シュリンプ系の代表的なワームは以下になります。

 

  • ハリーシュリンプ(ボトムアップ)
  • ネコシュリンプ(ジャッカル)
  • ドライブシュリンプ(OSP)
  • モデリズムエビ(リトルジャック)

 

実は手長エビのシーズンは5月から7月となっています。

なので初春から使うのであればクロー系のほうがマッチザベイトと言えるでしょう。

 

 

おすすめのクロー系ワーム

 

1.OSP ドライブクロー

出典:OSP

ドライブクローはボディ形状やサイズ感が素晴らしく、まさに「ザリガニ」そのものです。

フォールの際にはハサミ、触覚部分、足まですべてがとても綺麗に動いてくれます。

初心者から上級者まで幅広くおすすめできるワームだと思います。

サイズが2、3、4、5インチと豊富なところもいいですね。

テキサス、ラバージグ、ダウンショット、ジグヘッドなど何にでも対応してくれます。春はこれがあれば間違いないといってもいいですw

 

 

2.DEPS スパイニークロー 

 

 

私がクロー系のワームで一番よく使うのがスパイニークローです。

ハサミは薄いですが、ブツブツが付いていて水噛みが良いのでアピールもあります。

デプスのワームの中でも安価で手に入りやすく本当に釣れるワームですよ!

ワームの耐久性も非常にいいので、身切れなどを気にせずに釣りができます。

シンカーストッパーなしのテキサスリグが一番おすすめです。他にも琵琶湖でヘビキャロでも使ったりしています。

 

 

 

 

3.DEPS クラップクロー

 

 

クラップクローはストレートワームに近いクローワームです。バスにとっても捕食しやすい形なのかもしれません。

長いボディなのでゆっくりと倒れ込みアクションをしてくれます。

そしてズル引きをするだけで50UPがバコバコ釣れたワームなので、本当におすすめできます。

難点は人気が高くなかなか売っていないところでしょう、見つけたら購入してみてください。

おすすめリグはテキサス、ラバージグです。

 

 

 

4.EverGreen キッカーバグ

 

 

キッカーバグはハサミ、足の各先端が丸くなっています。

この丸いリブが微波動を生み出して、着底後の小さいアクションでもしっかりとアピールすることができます。

私の場合はラバージグのトレーラーとして使うことが多いです。

ハサミが大きくボディが小さいので、ラバージグで使うのであれば4インチがおすすめですよ。

5.5インチの巨大なサイズもありますがちょっとデカすぎて使う気にはなりませんw

 

 

5.NORIES エスケープツイン

 

 

大きいハサミが水を大きく掴んでくれるおかげでアクションは強めでアピール力があります。

細見のボディなので狭いポイントやカバーすっと入ってくれるので非常に使いやすいです。

しかしノリーズのワームの中でも人気が高く、なかなか手に入らないのが難点です。

テキサスリグだけでなくジカリグやチェリーリグなんかもおすすめですよ。

 

 

6.DEPS ベコンクロー

 

 

ベコンクローのハサミはボリューム感があります。

ハサミがエアホルダーになっていて空気がたまり、水中でハサミが浮いてくれます。

なのであまり大きくアクションしなくても十分存在感を出してくれるワームです。

ラバージグとの組み合わせがおすすめで、ヒットすれば間違いなくデカバスに期待ができると思います。

ゴミ溜まりを見つけたらベコンクローをそっと入れてみて下さい。

 

 

 

7.ジャッカル ファイボス

 

出典:ジャッカル

ファイボスはギル系ワームのような扁平ボディをしています。

このワームは重量がありノーシンカーでも使えます。ノーシンカーで使った時はどちらかというと魚のようなアクションになります。

シンカーを付けると大きいハサミはゆっくり、小さいハサミは早く交互に動いてくれて本当に生きているようなアクションをしてくれるんです。

 

とくにおすすめなのがジカリグです。

ボディが多きので安定して姿勢を保ってくれます、長いステイを絡めて誘ってみて下さい。

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

独断と偏見で決めたランキングなので、皆さんのご意見も聞かせていただけると嬉しいです。

是非クロー系のザリガニカラーで春のデカバスを攻略してみて下さい。

人気のワームも多いので今のうちにストックしておくことをおすすめします!

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いしますm(__)m

コメント