格安ベイトリール『17バスワンXT』は使えるのか?

タックル
スポンサーリンク

皆さんベイトリールは何を使っていますか?高いベイトリールはもちろん性能はいいです。

私もメタニウムMGLを愛用しているのですが、最高に使いやすいと思います。

では安いベイトリールはどうなんでしょうか?今回は17バスワンXTを結構使いこんだので使用感を紹介したいと思います。

17バスワンXTとは

出典:シマノ

 

バスワンXTはシマノから発売しているベイトリールです。カラーはブラックとゴールドで写真ではわかりませんが全体にラメが入っているので結構派手です。

ネット通販では6000~7000円で購入できる安い価格設定で入門用としては最適だと思います。

スペック

以下バスワンXTのスペックです。

ギア比 ドラグ力 自重 スプール寸法 糸巻量 巻上長 ハンドル長 ベアリング数
7.2 5.0 210 34/22 12-130、14-110、16-100 77 42 4/1

 

ギア比は7.2のハイギアのみしかありません。

34mmスプールが搭載しており16ポンドが100mも巻けるので大型のルアーにも使えます。

 

さらに海水で使用できるようになったのもありがいですね!

使用感

 

私はフロロカーボンの20ポンドを巻いてビッグベイトやパンチングで使用しています。ロッドの固さはXXHと棒のようなガチガチロッドですw

飛距離

はっきりいって飛距離はかなり出ます、マグナムクランクなどもぶっ飛びます。

スプールキャパからラインも太いものを巻くと思うので軽いルアーより重いルアー方が相性がいいでしょう。

 

遠心ブレーキシステムの旧SVSが使われているためバックラッシュもしにくいです。この価格帯で旧SVSブレーキが使われるのもすばらしいですね!

剛性

リールマニアの人は剛性感も気になるのではないでしょうか?50アップのバスをかけても余裕でとることができました。

意外とガチガチでかなり使いましたが壊れる心配もないと思います。シマノ品質だから安心して使えると思います!

巻き心地

やはりここはシマノのマイクロモジュールギアが入っていない分巻き心地はいいとは言えません。

ですが、めちゃくちゃ悪いということもありません。私が使っているアルデバランBFSよりは断然いいと思いますw

 

ハンドルもできれば変更した方がいいと思います!

デメリット

デメリットがあるといえば旧SVSブレーキが使われる点でしょうか。

なぜそこがダメかというとブレーキを調整する外部ダイアルがないという点です。なのでサイドカバーをいちいち開けてブレーキを調整をしなければいけません。

バスワンXTで色々な重さのルアーを投げるのはめんどくさいと思います。私の場合は1.5~2ozの重さしか投げないようにしているので常にブレーキは一定で投げれるようにしています。

一定範囲の重さのルアーを投げるであればストレスはないと思います!

まとめ

釣りは高いものを買えば釣れるということは絶対にありません。私もバスワンXTで何本もバスを釣りあげていますし、50アップもしっかりキャッチしています。

サブ機としては丁度いいスペックと価格なのでバスワンXTは使えるベイトリールだと思います。メイン機として使うのであれば新SVSが搭載されているものを選んだ方がいいでしょう!

購入を悩んでいる方の参考になればと思います(^^)/

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いしますm(__)m

コメント

  1. びーどろ より:

    はじめましてこんにちは。ツイッターから流れてきました。バスワンよりもアルデバランの方が巻き心地が悪いって書かれていたのでびっくりして質問です。はっきり悪いくらい違うのでしょうか?教えていただければ幸いです。

    • hooking より:

      コメントありがとうございます。アルデバランBFSは違いがはっきりわかるくらい悪いです(^_^;)ハズレを引いた可能性もあると思います。ちなみに友人にアルデバランmglを借りたらすごくシルキーな巻き心地でしたw