【デプス】KROスピンテール発売。リアフックが長い理由とは

デプス
スポンサーリンク

デプスから初スピンテールジグとなる『KROスピンテール』が発売されました。

購入したのでさっそくどういったルアーなのか紹介していきたいと思います。

 

KROスピンテールとは

出典:デプス

スピンテールジグはメタルバイブと違いテールにあるブレードが回転してバスにアピールします。

有名どころではジャッカルのデラクーやビバのコーゾースピンがでしょうか。

 

 

ただその二つと違うところはこの長いワイヤーフックです。

見た瞬間思ったのが『根掛かりそう』でした、皆さんもそう思ったのではないでしょうか?

しかしこのリアフックには色々とメリットがあります。

 

ボディ形状

出典:デプス

 

見た目はデプスのサーキットバイブを思わせるボディ形状をしています。

 

 

低比重0.8mmサーキットボードを使っているところを見るとほとんど同じだと思います。

 

出典:デプス

 

リアのスイベルにはカバーがしてあります。

これはブレードが暴れ過ぎないようにするのとウィードやゴミのすり抜けがよくなります、この辺はデラクーやコーゾースピンと同じですね。

 

出典:デプス

 

リアフックがアシストワイヤーフックになっています。

アシストフックということはショートバイトやミスバイトをフォローしてくれる役目を持っています。

 

出典:YouTube

 

小型なルアーでありながらリアフックを長くして2フックにすることでフッキング率を格段に上げてくれているのです。

開発中はスモールマウスを釣るのにも使っていたということで、信頼がありそうですね。

 

スペック

今回発売されたサイズは3/8ozのみになります、今後いろいろなサイズが発売されそうですね。

 

出典:デプス

 

KROスピンテールのブレードパーツも発売されました。カラーはゴールド、シルバー、ブラックです。気に入ったカラーに合わせてブレードも交換しても良さそうです。

水中姿勢

出典:YouTube

 

リトリーブ中はアシストワイヤーフックがしっかり後ろに行くようになっています。

ということはそこまで根掛かりを恐れる心配もなさそうですね!

 

 

上記の動画に水中映像がありますので、良かったら見てみて下さい。

 

カラーバリエーション

出典:デプス

 

サーキットバイブにあるカラーも多いです。

 

  • #02タナゴ
  • #07フナ
  • #09オイルホロ

 

この三つはKROスピンテールにしかないカラーですね、私が購入したのは#09オイルホロです。

 

今からの季節ピッタリ

これからどんどん秋に近づいていきます。

魚の動きも活発になり、冬に向けて体力をつけるために小魚をたくさん食べるようになります。

こういった時に効くのが巻物、スピンテールジグはどんな状況でも投げていいルアーだと私は思います。

 

 

KROスピンテールはアシストワイヤーフックが簡単に外せるので、冬の低水温では外してリフト&フォールで使用できそうですね。

 

 

子バスもアシストフックでがっつりフッキングすることができます。

数釣りを楽しみたい方や、サーチベイトとしてもおすすめです。もちろん大きいサイズのバスも食ってくることだってありますよ!

まとめ

KROスピンテールはこれからの季節には1つは持っておきたいルアーです。

デプス好きなのでさっそく購入してしまいました、また釣果が出たら記事にしていきたいと思いますのでお楽しみに。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いしますm(__)m

コメント