【GEECRACK】イモリッパースリムは万能で良く釣れる。

ジークラック
スポンサーリンク

イモリッパースリムはどんなフィールドでも使用できるソフトルアーです。最近のお気に入りなのでご紹介したいと思います。

 

イモリッパースリムとは

 

通常のイモリッパーを細長くしたのがイモリッパースリムです。

イモリッパーは虫っぽい動きをしますが、こちらのイモリッパースリムはどちらかというと魚に近い感じです。

長さは3.8インチ(約10センチ)、重量は8.3gのワンサイズのみになります。

特徴

高比重

出典:GEECRACK

ソルトをたくさん使用しているため高比重で非常によく飛びます。8.3gということでベイトタックルでも使用できると思います。

オールソルトだとフォールスピードが早くなり、ノーシンカーでも扱いやすくなります。

S.A.Fマテリアル

 

ジークラック独自のS.A.Fマテリアルを使用しています。S.A.Fマテリアルとは塩(SAIT)+アミノ酸(Amino)+フレーバー(Flavor)の頭文字からきています。

匂いと味で魚を引き寄せます、これがあるのとないのではかなり違いがあると思います。

ジークラックからは他のワームにも使われるフォーミュラーが発売されています。是非試してみて下さい。

フックサイズ

 

最適なオフセットフックは#3/0です。

ワームの上部にはポイントガード用スリットがありますのでしっかりフックを隠すことができます。

カバー撃ちで使う際はより深めにフック隠してもいいと思います。深く隠してもフッキングの際にはしっかりフックが出るので大丈夫です。

使い方

リグ

出典:GEECRACK

基本的にはノーシンカーで使用するのがいいでしょう。他にもスピナーベイトやバズベイトのトレーラーとしても使えます。

アクション

 出典:GEECRACK

イモリッパースリムはゆらゆらとしたフォールがかなり効きます。キャストしたらまずは着底させましょう、正直いって放置でも釣れます。

アクションはリフト&フォールで誘います。ここで注意してほしいのはフォールした後のステイはしっかり入れることです、あまりたくさん動かし過ぎるのは良くないです!

他にも水面をドックウォークさせて逃げ回る小魚を演出できます、バスがボイルしている時にはかなり有効です。

まとめ

イモリッパースリムはオープンウォーターやカバー撃ち、水面ドックウォークなど色々な使い方ができるのでおすすめです!琵琶湖や野池、河川などどんな場所でもばっちり活躍してくれますよ(^^)/

価格もお手頃なので是非試してみて下さい。

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いしますm(__)m

コメント