【ISSEI】新製品AKチャターとカタクチワームヤバクネがいい感じ

issei
スポンサーリンク

一誠から初となるチャターベイト『AKチャター』が使いやすそうでいい感じだったのでご紹介したいと思います。

AKチャター

引用:issei 一誠

一誠の赤坂健さん完全プロデュースのチャターベイトになります。赤坂健さんといえば一誠のAKチャンクが有名ですね!

チャターベイトは各メーカーから発売されていますが、AKチャターには色々な特徴があります。プロトタイプも最終段階みたいなので発売日も近いと思います。

 

特徴やいいところ

ブレードが大きい

引用:issei 一誠

AKチャターはブレードが大きくて長いのが特徴です。そして角がなく丸くなっています。

小さいブレードだと細かい波動になりそうですが、このブレードだと大きい波動になりそうですね。

スプリットリング搭載

引用:issei 一誠

通常のチャターベイトはスナップのみですが、AKチャターはスプリットリングが付いています。これによりルアーの付け替えが早くなります。

色々なルアーを使う場合に付け替えが楽なのは非常にいいと思います。

千鳥アクション

引用:issei 一誠

AKチャターは千鳥アクションをしてくれます。千鳥アクションとは不規則に動いて暴れるような動きのことをいいます。

バスはこの一瞬バランスを崩したときにバイトしてくることが多いです。

  • 大きいブレードで強波動を出せる
  • スプリットリング搭載でルアー交換が楽
  • 千鳥アクションをしてくれる

カタクチワームカヤバクネ

海用のカタクチワームのバス用がカタクチワームヤバクネです。

こちらが海用のカタクチワーム。4.5インチの魚系のソフトベイトです。

出典:一誠

バス用のカタクチワームがなぜヤバクネとギャル語みたいな名前が付くかというと、『やばいくらいクネクネするから』らしいですwネーミングセンスがすごいww

海用の違いはマテリアルやカラーだけで形はほとんど同じみたいですね。

  • 海用『カタクチワーム』
  • バス用『カタクチワーム ヤバクネ』

引用:issei 一誠

AKチャターのトレーラーとしてはぴったりです。発売も同じくらいになるのではないかと思います。

ワーム単体でもジグヘッドノーシンカーで使ってもよさそうです!

使用動画

AKチャターは琵琶湖で開発されたと言っていましたが、五三川でもばっちり釣果をあげているのがわかります。野池や河川でも活躍してくれそうですね!

まとめ

AKチャターはルアーの付け替えが楽そうなので使い勝手がよさそうです。

私の場合まだこれが一番いいというチャターベイトは出会えていないのでAKチャターには期待しています。

カタクチワームヤバクネもクネクネした動きをしてとてもいいと思いました!どちらも発売が楽しみですね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いしますm(__)m

コメント