【デプス】デスアダーとウェイテッドフックの組み合せがすごくいい。

デプス
スポンサーリンク

デプスのデスアダーはトレーラーとして使うことが多く、ワーム単体での使いうことが少なかったのですが今回すごく良いセッティングを発見したのでご紹介したいと思います。

 

デスアダーとは 

出典:デプス

デスアダーはデプスの人気ソフトルアーの一つです。

持っている方も多いのではないでしょうか?

サイズは3、4、5、6、8インチとバリエーション豊富で野池~琵琶湖まで大活躍してくれます。

ノーシンカーやテキサス、ジグヘッドなど様々なリグで使うことができラバージグやスピナーベイトのトレーラーとしても使うことができます。

 

ウェイテッドフックとの組合せ

 

今までテキサスやノーシンカーで使っていましたが、いまいち自信を持って投げることができていませんでした。

デスアダー6インチハイパートルネード ウェイテッド#5/0 ( 1.8g )このセッティングかなりおすすめです!

今までデスアダーを使ってきた中で一番しっくりくる動きをしてくれました。

 

より深いところならウェイテッドフック3.5gを使おう。
 

フォールスピード

 

出典:デプス

ノーシンカーで使うとどうしてもフォールが遅くなってしまいます。

ウェイテッドフックを使うことによってフォールスピードを少しあげるだけことによって少し深いところでも快適に使用することができます

そしてノーシンカーと同じように水平にしっかりフォールしてくれるので弱った魚のようないい動きをしてくれます。

すり抜けの良さ

 

 

デスアダーはフックを隠せるスリッドが付いています。

このおかげでウィードやカバーのすり抜けを回避できます。もちろん根掛かりはほとんどしません!

 

  • ずる引き、カバー撃ちにも使える
  • スキッピングもできる

使い方やアクション

 

 

スローリトリーブ

 

この使い方がすごくいいです!

めっちゃ魚っぽい動きをしてくれます。

そしてノーシンカーと違ってしっかりレンジキープをすることができます

冬の低水温時は少しウェイトを重くしてディープエリアをデッドスローに巻くことも可能です。

 

リフト&フォール

 

しっかりと跳ね上げてかフォールすることでバスをリアクションバイトさせることができます。

もともとノーシンカーで使う時はこの使い方が多いと思いますが、ウェイテッドフックのおかげで少し深いところでも使えます!

少しロールしながら水平にフォールしてくれるので弱々しい魚のような動きをしてくれます。

デスアダーの良さを殺さないところもいいですね。

 

トゥイッチ、ジャーク

 

トゥィッチやジャークはノーシンカーではどうしても軽いので浮き上がってします。

ウェイテッドフックで浮き上がりを抑えることができるので快適にアクションすることができます。

更にテキサスやジカリグよりすり抜け良く根掛かりはも軽減でき、ウィードやゴミを拾ってくることも少ないので非常におすすめです。

 

まとめ

 

色んな使い方ができるこのリグはいつか絶対流行る!と思っていますw

デスアダーで釣ったことがない方はぜひ試してみてください。

どんなフィールドでも快適に使えると思います。

デスアダー6インチでも30センチくらいのコバスが釣れるのでご注意を。琵琶湖でデカバス狙いなら6か8インチをおすすめします!

これから寒い冬に突入しますが、デスアダーでガンガン釣っていきたいと思います。また釣果が出たら報告しますのでお楽しみ。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いしますm(__)m

コメント