【ジャッカル】新ブランド「リボルテージ」始動!どんな新製品が登場するのか。

ジャッカル
スポンサーリンク

2019年横浜フィッシングショーにてジャッカルが新ブランド「リボルテージ」を発表しました。これからどんな製品が登場するのか私の感想も踏まえつつご紹介したいと思います。

 

リボルテージとは

 

出典:ジャッカル

リボルテージの意味ってなんだろうか。

Re Voltageを直訳すると「再電圧」なんだけど、ボルテージを上げるという言葉は「盛り上げる」という感じで使うので『再び盛り上げる』と言った意味なのかな。

イメージカラーも電気っぽくイエローにしているのかな、ジャッカルには珍しい色ですね。

 

若手プロ3人が中心となる

 

出典:ジャッカル

西川慧プロ、加木屋守プロ、新加入の藤田京弥プロが中心となってプロジェクトを進めていくようです。ジャッカルは学生の人気も高いので、若者のニーズに答えてくれそうですね。

若くしてロッドやルアー開発に関わっていけるのは羨ましいかぎりです。

 

新作ロッド

出典:ジャッカル

リボルテージの新ロッドはブラックにイエローのロゴで海外ロッドのようなデザイン。

前回のBPMは真っ赤だったのでリールと合わせることが難しかったですが、今回は合わせやすいかも。

新ロッドの特徴は以下のようなものがあります。

 

B2MZ

出典:ジャッカル

B2MZとはブランクビートマキシマイザーの略でバット部分からブランクが太くなっています

これにより感度が増し、さらにリールシートやグリップ素材の厚みを抑えることができるので軽量化にもなっているらしい。

BPMよりさらに軽くなっているなら嬉しいかな。

 

GP-BOOSTER

 

出典:ジャッカル

従来のブランクだと右のように素材ごとに層ができて重なるような形になってしまうらしいのです。

新ロッドではこの層の重なりを解消した設計になっていて、ルアーにも力が伝わりやすく軽量化にもなっているみたい。

でもこの差って体感でわかるのかは微妙です、どちらかというとB2MZのほうが魅力を感じますね。

 

新作ルアー

 

 BG-1.5”

出典:ジャッカル

虫系のルアーと言えば水面で使うイメージですが、こいつは水中で使います

スピニングで扱うことができて、ダウンショットやキャロライナリグで使用するみたいです。

魅力はあまり感じませんが、こういう気持ち悪い系好きなので一袋買ってしまいそうw

 

似たような感じのルアーだとレアリスの忍虫が近いかと思います。

 

 

SCF-3.5”

出典:ジャッカル

SCF-3.5はガバチョのような形のソフトベイトです。

フックも隠せるし、カバーにぶち込むにはいいかもしれません。水面ドックウォークやちょうちんなどにも使えるので夏場はかなり活躍してくれそう。

フロッグ感覚で使えるので結構便利かもしれませんね。

 

 

FC-4.0”

出典:ジャッカル

このワーム以前発売した「ファイボス」に似ていますね。

でも構造が全然違うようで、前はノンソルトで、後ろは高比重になっているようで沈むまでの時間が長いそうです。

底で使うよりというより、フォールで食わせるワームなのでしょう。

 

 

JB-110SP

出典:ジャッカル

JB-110SPは普通のミノーとは違い、水を切りながらアクションをさせることができるそうです。

ということはトップウォーターのような使い方なのかな、これはかなり興味があります。

デザインもかっこよくリボルテージのルアーの中では一番人気がでそうですね。

 

MEGA POMPADOUR REV-Tuned

出典:ジャッカル

昨年登場したメガポンパドールの羽長いバージョン。

羽を長くすると大きい動きになるかと思ったのですが、アクションは繊細になるらしいです。

存在感はあるけど、弱々しい動きで狙いえるのでハイプレッシャーなリザーバーなんかに向いているかもしれません。

 

 

まとめ

 

今回はジャッカルの新ブランド「リボルテージ」のロッドとルアーをご紹介しました。

どれもハイシーズンを意識したルアーが多かった気がします、なので発売は4月以降かな。今年もハイシーズンが釣りが楽しみですね。

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いしますm(__)m

コメント