【シマノ】SLX MGLってリールどうなの?カシータスMGLと比較してみた

タックル
スポンサーリンク

 2019年シマノの新製品ベイトリールの中で「SLX MGL」という謎のリールが登場しました。実売15000円と安いリールなのですが、本当にコントパフォーマンスがいいのか他のリールと比較してみようと思います。

 

SLX MGLってどんなリール?

 

出典:シマノ

実は「SLX150」というリールは昨年アメリカで発売されています。

逆輸入かな?と思いましたが、サイズや性能などは全くの別物でした。

カラーはシマノでは珍しくブルーが使われているので、見た目は新鮮でいい感じですね。

価格帯が安いリールの中で「SLX MGL」は買いなのか、どんなルアーに最適なのかを見ていきましょう。

 

USモデルと違うところ

 

▼日本モデル「SLX MGL」

▼USモデル「SLX 150」

出典:シマノ

日本モデルとUSモデルを比較してみました。

 

  SLX MGL(JP) SLX 150 (US)
重量 190g 195g
スプール 32mm 34mm
糸巻量 12-100 12-110
BB/ローラー 4/1 3/1
MGL あり なし

 

表からわかる通りSLX MGL(日本モデル)のほうが小さくなっていますね。

そしてベアリングが一つ多く、マグナムライトスプールが搭載されていることから性能もアップしています。

USモデルよりバーサタイル性が増して野池や河川で使いやすい日本向けのリールにしたのかな。

 

 

カシータスとどっちがいいの?

 

コストパフォーマンスがいいと言われていますが、本当なのか?

同じ価格帯のカシータスMGLと比較してみたいと思います。

 

▼SLX MGL

▼カシータスMGL

出典:シマノ

 

  SLX MGL カシータスMGL
重量 190g 190g
スプール 32mm 34mm
糸巻量 12-100 12-120
SA-RB/BB/ローラー 0/4/1 2/2/1
HAGANEボディ
あり なし
MGL あり あり
実売価格
15000円 15000円

 

▼新製品買うならナチュラムがおすすめ

 

小さいルアーを投げるならSLX MGL

 

出典:シマノ

2つとも重量は同じですが、スプール径の大きさが違います。

32mm径のSLX MGLはよりカシータスMGLより小さいルアーを得意とします。

主に1/4~3/8ozを投げるならSLX MGL、3/8~1/2oz以上を投げるならカシータスMGLといったところでしょうか。

 

SLX MGLはHAGANEボディ搭載

 

出典:シマノ

SLX MGLにはカシータスMGLにはなかったHAGANEボディが搭載されています。

 

“HAGANE”ボディとは、高い剛性を持つ金属のボディ。不意の衝撃にも耐える剛性・耐衝撃性を確保し、たわみを最小限に抑えることでアングラーのチカラを巻き上げる「力」へと変換します。

引用:シマノ

 

要するにカシータスMGLより強い金属を使っているから壊れにくいということになります。

この部分はSLX MGLのほうが勝っていますね。

逆にカシータスMGLはS A-RBというシマノ独自のベアリングを搭載していますが、体感的にはわからないのでHAGANEボディが入っているSLX MGLのほうがコストパフォーマンスがいい気がします。

 

 

レビュー動画

 

 

YoutubeにZAPPUの秦拓馬さんがSLX MGLのレビュー動画を上げてくれています。

動画で飛距離を測っていますが、良く飛んでいるのがわかりますね。

SLX MGLが気になっている方は是非動画をチェックしてみてください。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか、今回のSLX MGLを簡単にまとめると。

 

・軽量ルアーを投げるならSLX MGL、大型ルアーも投げたいならカシータスMGL

・HAGANEボディが入っているのでカシータスMGLよりコスパがいい

 

こんな感じになりました、予約も始まっているので是非参考にしてみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いしますm(__)m

コメント