【ダイワ】TDバイブレーション82S / 82S-Sは巻きたくなるルアーだ。

ダイワ
スポンサーリンク

ダイワから発売されている定番のルアー『TDバイブレーション82S』を初めて使ったのですが、非常に良かったので紹介したいと思います。

TDバイブレーション82S / 82S-Sとは

 

TDバイブレーションシリーズの中でも一番大きいサイズなのが82S/82S-Sです。このサイズのおかげで攻略の幅がさらに広がりました。

 

重量があるのでより遠くまでルアーを運ぶことができるのと今まで届かなかったディープエリアをスローリトリーブで攻めれるようになりました。

 

スペック

  • Length(長さ):82mm
  • Weight(重さ):23.5g
  • Type:82S ラトル/82S-S サイレント

 

82mm、23.5gとバイブレーションの中では大きめで飛距離や存在感がほしい琵琶湖ではうってつけのルアーだと思います。モデルはラトル入りとサイレントの二つが用意されていて、状況に合わせてセレクトできます。

小さいサイズの63S、73Sもあるので大きすぎると感じる方はサイズを落として使ってみるといいかもしれません。

 

インプレ・レビュー

シミーフォール

出典:ダイワ

 

TDバイブレーションのシミーフォールをしてくれるバイブレーションです。シミーフォールとはヒラヒラと泳ぎながら落ちていくアクションのことで、リフト&フォールでも自然なフォールでバスを誘うことができます。

キャストしてフォール中に食っていたなんてこともあります。冬場の釣りにも活躍してくれますよ!

 

バイブレーションをリフト&フォールで使うならシミーフォールは必須です!

巻き心地がいい

 

このバイブレーション巻いていてとても気持ちいいです。大きいながらも幅は狭く、巻き抵抗がそこまで強くないです。しっかりブルブル感も伝わってくるのでバランスがいいんだと思います。

 

一日巻いても疲れない。むしろ巻きたくなるようなルアーです。

巻き方で使い分けできる

出典:ダイワ

 

低重心設計により、スローに巻いてもしっかり泳ぎます。冬場はディープエリアを低速巻きやリフト&フォールで使って、秋は高速巻きで使います。完成されたバイブレーションなので自信を持って投げることができます。

 

カラーバリエーション

出典:ダイワ

 

TDバイブレーション82S/82S-Sは全部で10色、フラッシングするギラギラ系や派手な強めのカラーが多いですね。あまり興味をそそられるカラーがないのがちょっと惜しい気もします。そうゆうところはダイワらしいですねw

 

人気カラー

出典:ダイワ

 

82S/82S-Sにしかない琵琶湖パープルが人気です。このカラーだけなかなか売っていないので手に入れるのに一苦労します。もし見つけたらあなたはラッキーかも!

 

TDバイブレーション HCL

 

  • ISSEIパワーピンク(一誠コラボレーションカラー)
  • クロキン
  • ホットタイガー
  • 琵琶湖パープル
  • スプリングレッド(一誠コラボレーションカラー)
  • グリーンクレイフィッシュ(一誠コラボレーションカラー)

 

実はTDバイブレーション82S HLCという重量が28gあるモデルがあります。ダイワ公式サイトから除外されているので生産中止になってしまったのかな。一誠とのコラボレーションカラーもすごくいいのですが、ネット通販ではすでに1色しか残っていない状況です、悲しい。

このカラーを通常の82Sにレギュラー入りさせてほしいくらいです。

 

動画インプレッション

 

長谷川プロがTDバイブレーション82Sを使用している動画になります。めっちゃ釣っているので気になる方はチェックしてみて下さい。

 

まとめ

TDバイブレーション82S/82S-Sは秋から冬にかけて大活躍してくれると思います。琵琶湖ではこのサイズくらいあったほうがデカバスを釣りやすいんじゃないかな。

まだ自分にかっちりハマるバイブレーションに巡り合えていない人は是非使ってみて下さい。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いしますm(__)m

コメント