【初心者】どうしてもバスを釣りたい!おすすめのソフトルアー5選

ルアー
スポンサーリンク

これからバス釣りを始める方、始めてるけど全然釣れない方、今回の記事で「入れ食い」を味わっちゃいましょう!

悩んだらこれからご紹介するソフトルアーだけタックルボックスに入れてフィールドに向かえばOKです。

なければ釣具屋にすぐGOです!

 

レインズ スワンプ

 

 

 

マイクロの2.8inchからマグナムの6.5inchまで5種類のラインナップ。

おすすめは通常サイズの5.5inchを軸にスワンプミニの3.8inchがあれば事足ります。

マイクロまでサイズを下げるとギルの猛攻に合います。

おすすめカラーはキャスティング別注カラーのリンタロウとクマタロウです。まさに「ミミズ」なカラーリングはほぼエサです。

 

 

ジャッカル フリックシェイク

 

出典:ジャッカル

 

小バスでも絶対に釣りたい!と思ったらシリーズ中で一番小さい3.8inchを使いましょう。

レインズスワンプにはない、フォール中のピクピクする動きが生きたミミズのようです。

これはあえて曲げてあるボディーがカーブフォールを生み出します。

「すべてのバスを振り向かせる!」は伊達じゃないですね。

 

 

ゲーリーヤマモト イモグラブ

 

 

初めてバス釣りをする人におすすめしたいのがイモグラブ、通称「イモ」です。

小ぶりなのに飛距離が出ること、フォールで勝手にアクションすることが決め手です。

基本アクションはリフト&フォールですので「投げて、落とす」この繰り返しでOKです。

 

 

ダイワ スキニースイマー

 

 

1g前後のライトダウンショットにセッティングすればスレバスにも効果絶大です。

モエビやハゼなどを捕食しているエリアではまさに最強と言えます。

これで釣れなければポイント移動か、真逆の釣りを展開する必要があります。

テール、ボディーの微細な波動がなんとも言えません。

 

 

ガルプ ベビーサーディン

 

 

主にソルト用のソフトルアーとして使われますが、もはやエサを超えた集魚力です。

とにかく臭いんです。2inchの極小ボディーと小魚をイミテートしたピンテールが微細な動きをします。

食わせてから吐き出さない様子を見ると、ガルプの「味」もバスはお気に入りのようです。

 

 

まとめ

 

今回ご紹介したソフトルアーで釣れなければバスはいないといっても良いでしょう。

もしくはそのフィールドのバスが少ないかです。それくらい抜群に釣れるソフトルアーを厳選いたしました。

しいて言えば微細なアクションが必要となりますので、ULアクションのロッドと3~4ポンドくらいのフロロカーボンのラインがベストマッチします。

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いしますm(__)m

コメント