真冬に効くルアーとは?1月~2月におすすめのルアーを紹介

ルアー
スポンサーリンク

この時期は釣りをしないという方も多いですが、1月はまだまだ数釣りができる季節です。今回は口を使わなくなるバスに対して有効なルアーをご紹介したいと思います。

 

まだまだバスは釣れる

出典:レイドジャパン

真冬になるとバスはディープエリアに移動し、体力の消費しないようになるべく動かないようにしています。

しかし捕食をしなくなるかというとそうではありません。この時期でもしっかりベイトを食べることを覚えておきましょう。

ではそのタイミングはいつなんでしょうか。

 

デカバスを狙うなら朝一

 

真冬は朝一が狙い目なんです。

この時期のデカバスは朝たくさん捕食をして1日じーっとしています。逆に朝を逃すと1日厳しくなると思ったほうがいいかもしれません。

いいサイズのバスを釣りたいのであれば、朝早起きして暗い時間から昼まで勝負をする方がいいでしょう。

 

冬にデカバスを釣りたいなら朝一がおすすめ!
 

ローライトや雨の日を狙おう

 

太陽が出てた方が気温が上がっていいんじゃないの?と思うかもしれませんが、冬でもローライトの日が釣れることは変わりがありません

風が強い日は水面が冷やされるためシャローでの釣りは厳しくなります。なので冬は風がないほうがいいと言えるでしょう。

 

真冬はローライトで風が弱い日を狙おう!
 

真冬に釣れるルアーはこれ!

 

ダウンショット

 

 

ダウンショットは冬の定番リグです。アクションはズル引きで泳がせたり、弱々しくシェイクしてあげるのがいいでしょう。

ワームは引いてきてもしっかり泳いでくれるシャッドテール系がおすすめ。サイズは2~3.5インチを使うとサイズ問わず狙うことができますよ。

 

 

 

 

 

 

シャッド

 

 

シャッドは小魚がいるエリアでは非常に有効です。基本的にはただ巻きで使います、あまり早く巻いてしまうと魚が付いてこれないので注意しましょう。

ただ巻きで食わないときはトゥィッチやストップ&ゴーを絡めつつ、リアクションバイトを狙ってみてください。

冬場では3~4mのラインを狙えるシャッドがおすすめ、もちろんシャローで使っても効果があります。

 

 

 

 

 

 

▼新製品買うならナチュラムがおすすめ

 

メタルバイブ

 

出典:KIMUKEN

 

低水温でまったく口を使わないときに効果的なのがメタルバイブです。アクションのコツは持ちあげすぎないこと。50センチ上げたらフォールさせることを意識しましょう。

メタルバイブを使う時はPEラインがおすすめです。

フロロではラインが沈んでしまうため遠投してもしっかりリフト&フォールしてくれません。

PEラインは飛距離はもちろん、ラインが浮くのでしっかりルアーに力が伝わってくれますよ!

 

 

 

 

 

 

 

スモラバ

 

出典:GETNET

冬場でもまだシャローのカバーに残っているバスがいます。そうゆうバスを狙うならスモラバがおすすめ、そっとカバーに入れてあげましょう。

冬バスのアタリは小さかったり、浅かったりします。しっかり食わせてから合わせないとすっぽ抜けるので注意が必要です。

 

 

 

 

 

 

▼釣り具をネットで購入するならナチュラムがおすすめ

 

ラバージグ

 

 

ラバージグって夏じゃないのかと思う方もいるかもしれませんが、冬場でも使えるルアーです。ディープエリアに落とすもよし、カバーやものに当てて使うのもいいでしょう。

とくにローライトの日にはバスが積極的に捕食する傾向があるので、ラバージグを広範囲に使ってみて下さい。

ベイトがいない場所でもデカバスにエサの存在をアピールすることができますよ!

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

冬場のおすすめルアーをまとめると

 

  • ダウンショット
  • シャッド
  • メタルバイブ
  • スモラバ
  • ラバージグ

 

この5つを使って冬のデカバスをゲットしてみてください。

1月中はまだまだバスは釣れますよ!

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いしますm(__)m

コメント