冬でバスは口を使わなくなってきている。どんなリアクションがいいのか。

季節の釣り
スポンサーリンク

だんだんと寒くなってバス釣りが厳しい季節がやってきました。今回は調査がてら地元の野池にいって冬のバスの反応を見てきたので報告したいと思います。

フィールド

 

知人に教えてもらい今回初めてこの野池に来ました。水質はなんと超クリアウォーター、サイトで子バスがたくさん確認できました。

ここはカナダモがモサモサでウィードの中にもバスが隠れているみたいです。

水中のバスの状態

バスたちはほとんど動き回りもせず、ぼーッと放心状態でした。冬のバスは水中でこんな感じなんですね、そりゃ釣れないわけだw

これから寒くなるにつれほとんどのバスはウィードの奥や一番深い場所で冬眠状態になります。

とりあえずバスが見えているうちなにが有効なのか実験してみようと思います。

リアクションは有効なのか

どんなアクションが反応があるかを色々試してみました。

ネコリグでネチネチ

まずはネコリグでネチネチ細かいアクションで様子を見てみることに。いつもなら簡単に釣れる子バスですが

 

まったく見向きもしてくれない。

 

冬場のネコリグは厳しいみたいです。さすがにそんなに甘くない。

ダウンショットのリフト&フォール

それならVivaサターンのダウンショットリグ。こいつは秋なら子バスは入れ食いでした。

リフト&フォールで誘ってみましたが、かなり嫌がられました(´・ω・`)

 

ステイからのリアクションはあまり良くないのかもしれません。そもそもエサ食べたいと思ってないのかもw

ノーシンカーのトゥイッチ

 

スティックベイトのノーシンカーで連続トゥイッチ。バスの目の前を止めずに走らせると何度か口を使ってきてくれました

 

今までの無反応が嘘みたいです。

思わず口を使ってしまう、これぞリアクションバイトって感じでした。

 

浮いてしまうので高比重のものでないとトゥイッチは厳しいと思います。知人が使っていたメガバスの廃盤ワーム『タイニーエクスレイヤー』はかなりいい動きをしていたのでおすすめです。

目の前をちらつかせるのが効果的

ぼーっとしていたバスも思わず口を使ってしまう感じがハッキリ見えました。

 

冬場のリアクションは『止める、動く』より『目の前にちらつかせる』リアクションのほうがバイトに持ち込みやすいのかもしれません。

 

状況やフィールドにもよるとは思いますが、参考にしてみて下さい。

冬場でもビッグベイトはすごい

 

小規模な野池でしたがタイニークラッシュを遠投して水面をデッドスローで巻いてみると…

 

ライトリグでは反応しなかったバスがたくさんチェイスしてきました。

さらにウィードの奥から40アップのデカバスも出てきたのでびっくり!

 

バイトはしてくれませんが、やっぱりビッグベイトってすごい。集魚力が強すぎます。

なぜここまで反応が違うのか…こんなの見てしまったらもう冬はビッグベイト投げるしかないですねw

まとめ

今回は超クリアウォーターで冬場のバスの反応をみてきて、色々勉強になりました。

ワームでは目の前をちらつかせる『連続トゥイッチ』がおすすめです。あとはビッグベイトをガンガン投げていこうと思います。

年末まで寒さに負けずにバス釣り頑張ります!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いしますm(__)m

コメント