【春のバス釣り】アフタースポーンのバスを攻略しよう!おすすめルアーなど

季節の釣り
スポンサーリンク

春はバスが釣りやすいと言われる季節ですが、スポーニングを終えるといっきに釣れなくなったりします。

しかし狙った釣り方を知っていれば、釣果は十分に出すことができます。

今回はアフタースポーンのバスの特徴やおすすめのルアーなどをご紹介したいと思います。

 

アフタースポーンとは?

 

 

4月頃から始まるスポーニングを終えた個体を主にアフタースポーンと言います。

上の写真のようにガリガリでげっそりしているのですぐにアフターだなとわかると思います。

産卵で体力を使い切っているため活性の低い状況ではありますが、同時に体力回復に向けて荒食いをし始める時期でもあるのです。

目安としては5~7月がアフタースポーンの個体が多い季節となります。

 

どんなルアーが有効か?

 

 

 

アフタースポーンのバスは体力がなく、はやい動きについてこれません。

そして一度にたくさん栄養を取れるような獲物を好みます。

一番おすすめのルアーはデッドスローで巻けるビッグベイトです。

他にも大きいサイズのクロー系やストレートワームなども有効的だと言えます。

スポーニング時は巻物が有効的でしたが、アフタースポーンは底物の方が釣果に繋がりやすいです。

 

おすすめルアー

 

「低活性」「体力回復」といったキーワードを元に、アフタースポーンに効果的なルアーをご紹介していきます。

デプス/ブルーシューター

 

出典:デプス

 

ブルーシューターは存在感もあり、ゆっくり巻けるのでアフタースポーンにはもってこいのルアーです。この時期から夏の終わりまで大活躍してくれます。

おすすめはスローシンキングタイプです。ふらふらと巻いていると物凄い勢いでバスが下から食い上げてきますよ。

 

 

ガンクラフト/ジョインテッドクロー178

 

 

低活性なバスに対してもリアクションで食わせることができるジョインテッドクロー178は、アフタースポーンを攻略する上で欠かせません。

スポーニング後の警戒心の強い個体や、体力回復に向けて荒食い中のバスに対して効果絶大です。「寄せて・リアクションで食わす」を意識しましょう。

 

 

エバーグリーン/キッカーバグ

 

 

この時期はザリガニは成長しているので、大きいサイズを選びましょう。

ずる引きアクションやボトムパンプでネチネチ攻めると効果的です。

カバーに身を隠して獲物を待っているバスも多いので、カバー撃ちで狙っていくのもいいでしょう。

 

 

 

デプス/デスアダー

 

出典:デプス

 

バスが浮いているか、沈んでいるか分からない場合にデスアダーのノーシンカーが重宝します。

手返しよく表層からボトムまで広範囲にサーチしていきましょう。

フォール時のウォブリングアクションと、テールの微細なタイトバイブレーションが口を使わせづらいナーバスなバスにも効果的です。

 

 

 

レインズ/スワンプ

 

 

ネコリグやダウンショットなど「点」の釣りで力を発揮するのがレインズのスワンプです。

同タイプのフリックシェイクより身切れに強く、コストパフォーマンスにも優れていながら実力も折り紙つきです。

ミミズが活動し始める春以降は手放せないアイテムです。

 

 

ジャッカル/ポンパドールJr.

 

出典:ジャッカル

 

オリジナルのポンパドールより一回りダウンサイジングしたポンパドールJr.の泳ぎは、アフタースポーンのバスの捕食スイッチを刺激する泳ぎをします。

スローリトリーブでもしっかりと水をつかみ、移動距離も少ないので長い時間挑発アピールをすることができます。

 

 

まとめ

 

アフタースポーンのバスは何かと釣りづらく、苦手意識の多い方が多いと思います。

しかし、一度パターンをつかんでしまえばデカバスをゲットするチャンスの多い季節でもあるのです。

今回紹介したルアーを参考にフィールドへ足を運んでみて下さい。

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いしますm(__)m

コメント