【夏のバス釣り】夏のバス釣りを徹底解説!ポイントやおすすめルアー

季節の釣り
スポンサーリンク

暑い夏はバス釣りをするのも大変ですよね。

しかし、この季節は一番バスが釣りやすいといっても過言ではありません。

今回は夏に釣れるポイントやおすすめルアーをご紹介したいと思います。

 

夏はなぜ釣りやすいのか

 

 

春夏秋冬の中で一番釣りやすいのが季節だと思います。

春や秋の方が釣れるんじゃないの?と思う方もいるかもしれませんが、琵琶湖は夏が一番イージーと言えるでしょう。

その大きな理由として、「バスのいる場所が特定しやすい」ことがあげられます。

水温が高くなるので、バスも涼しい場所に集まるということです。

ではどういったところにバスが集まるかをご紹介したいと思います!

 

バスが集まるポイント選び

 

ウィードの中や下

 

 

夏場のバス釣りはウィード(水草)が重要なカギとなります。

浮いたウィードは日陰となり、バスが涼むには恰好のポイントと言えるでしょう。

初夏から発生するウィードがびっしりと張り巡らされたエリアをマットエリアといい、重さ1ozクラスのシンカーをつけて行う「パンチング」も有効です。

 

 

パンチング用おすすめルアー

 

ジークラック/マッドシェイカー
デプス/スタップクロー

 

 

 

水中のウィードの中にもバスは潜んでいます。

ウィードのすれすれを通すとバスが飛び出てくることもあります。

もっと有効的にバスを狙うのであれば、「パンチショット」と呼ばれる長細いシンカーでウィードの中を貫通させて狙うリグも有効です。

ウィードに紛れてしまうため、大きいのストレートワームやロングカーリーを使うことをおすすめします。

長さは最低でも8インチ以上はあるといいでしょう!

 

 

パンチショットにおすすめのルアー

 

ズーム/オールドモンスター

 

ジークラック/マジパンカーリー

 

オーバーハング

 

 

オーバーハングとは木や草が水辺におおい重なって日陰になっているポイントです。

野池や河川などの狭いエリアではとくにオーバーハングを狙うことをおすすめします。

日中は日陰で休んでいるバスも多く、やる気があれば落ちパクで食ってくることがほとんどです。

 

それでも食わないバスがいるのであれば、虫系ワームを木や草に引っ掛けてちょうちんで誘ってみてください。

反応しなかったバスも、水面が気になってしょうがなくなり口を使います。

とくに今年の夏は虫系ワームが流行しているので、試してみてはどうでしょうか。

 

オーバーハング狙いのおすすめルアー

 

スティーズ/フロッグポッパー

 

バークレー/青木虫

 

 

インレット(流れ込み)

 

 

水路エリアなどに多いインレットは、水温が低くベイトフィッシュも集まりやすいためバスがエサを待ち構えている可能性があります。

しかしほとんど一発で勝負が決まるので、他の人が撃ったあとだとなかなか釣れないのも事実です。

「ボチャンッ」と落としてしまったらバスが逃げてしまう恐れがあります。

なので岸際からテキサスやラバージグをそーっと落としてみてください。

これだけで釣果にかなり差がでると思います。人がいない朝一を狙ってみてはどうでしょうか?

 

インレット狙いのおすすめルアー

 

デプス/ブルーシューター

 

エバーグリーン/キッカーバグ

 

ゲーリーヤマモト/ファットイカ

 

ディープエリア

 

 

深い場所は水温が低く安定しています。

夏は水面が日光によって温められるので、シャローよりディープエリアにバスが集まりやすくなります。

南湖のディープホールや北湖の7〜15mくらいある場所はとくに釣れるようです。

シャローを狙うのであれば朝方や夕方などは気温が下がる時間帯を狙ってみるといいでしょう。

 

ディープ狙いのおすすめルアー

 

デプス/ハイパーフットボールジグ

 

ハイドアップ/スタッガーオリジナル

 

デプス/ベコンクロー

 

釣れる時間帯

 

 

夏は朝方が一番の狙い目です。

日の出が早いくなるため、4時半ごろからバスも活動を開始します。

朝一は巻物で周囲を素早く狙うのがセオリーです。

私はアラバマリグをよく投げるのですが、狂ったようにバスがバイトしてきますよ!

夏はとくにボイル(魚を狙って跳ねる)が発生が多く、バスが跳ねている場所を狙うボイル撃ちも有効です。

 

 

 

日の入りをする夕方から夜にかけても釣れる時間帯と言えるでしょう。

とくに琵琶湖の湖西や南湖では0時から釣り人でいっぱいですw

サイズも小さいものから大きいものまで釣れます。

人間も涼しく釣りをできるので、眠気さえ断ち切れれば楽に釣りができるといえるでしょう。

 

 

まとめ

 

夏のバス釣りポイントを簡単にまとめると。

 

  • 夏は一番釣れる季節
  • 「ウィード」「オーバーハング」「インレット」「ディープ」狙い
  • 朝一が一番の狙い目、夜釣りも楽しめる

 

夏はバスが一番釣れる季節ですので、しっかりとポイントを抑えて狙ってみてください。

そうすれば今より確実に釣果に繋がりますよ!

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いしますm(__)m

コメント