【春のバス釣り】初バスはもう釣れた?3月〜4月初旬のポイントをご紹介

季節の釣り
スポンサーリンク

皆さんもう初バスは釣れましたか?

SNSではバリバリ釣り上げている方も見かけますが、まだ釣れてないという方も多いのではないでしょうか。

実は3月〜4月初旬までのバス釣りって意外に難しいんです。

今回はこの時期のポイントをご紹介したいと思います。

 

フィールド選び

 

気温が安定しない

 

 

4月中旬まで朝夕は気温が低く、水温が安定していません。

そのためバスがまだ動いていないフィールドも少なくはありません。

琵琶湖の有名なポイントに釣りに行ってもなんの反応もなかったってこともしばしばありました。

1つのポイントで粘るより、反応がなければすぐに移動した方が釣れる可能性が上がります。

まだ冬モードなバスは朝だけ捕食して、1日ぼーっとしているので狙い目は朝です。

暖かい昼の方からの方が釣れるだろうと思わないほうがいいかもしれません。

 

風が強い

 

 

一年の中でも、一番風が強い時期になります。

水面が冷やされ、水温が下がりバスの活性にも影響します。

風が強いとバスもカバーに隠れたり、風裏に移動したりします

ですので、風が強い日はオープンフィールドより狭いポイントを狙ったり、住宅街で風が塞がれていたり風裏なポイントを狙ってみましょう。

 

琵琶湖に行くなら南湖!

 

 

この時期に琵琶湖に行くなら南湖をおすすめします。

それはなぜかと言うと、北湖〜湖西は山の雪解け水が琵琶湖に流れ込むことで水温がなかなか上がりません。

そのためスポーニングが遅いと言われています。

北湖に行くなら4月下旬からを目安にいくとプリスポーンに出会えるかもしれません。

思っているより北湖の春は結構遠いんです。

 

どういった釣り方をすればいいのか

 

バスはまだまだ調子を取り戻していません。

おすすめは大きいサイズでゆっくり巻いてこれるルアーリアクションで食わせるルアーです。

今の時期に効くルアーをご紹介したいと思います。

 

スコーンリグ

 

 

深場を一定速度でゆっくりと巻いてこれるスコーンリグは存在感もあり、バスは食いやすい獲物として判断します。

私のおすすめはジークラックのDスコハートテールの組み合わせ。

ゆっくり巻いても早まきでも安定してスイミングしてくれますよ。

 

 

メタルバイブ

 

 

メタルバイブって冬だけじゃないの?と思う方もいるかもしれませんが、そんなことはありません。

まだまだメタルバイブは釣れます

むしろ動ける個体が多くなり冬より全然釣りやすくなります。

もちろんリフトアンドフォールでリアクションバイトを狙います。

3月の琵琶湖(南湖)ではメタルバイブで釣っている方もよく見かけます。

 

 

モラモラ

 

 

普通のバイブレーションとちがって、ゆっくり巻いてこれるモラモラはこの時期かなり活躍してくれるルアーです。

ボディーも大きいのでバスも見つけやすく重量もあるのでよく飛びますよ。

私の場合はサスペンド仕様にしてストップ&ゴーなんかもできるようにしています。

リアクションバイトも狙えるのでかなりおすすめです。

 

 

 

サスペンドミノー

 

 

シャローを狙うならサスペンドミノーがおすすめです。

気温が低いのあればトゥィッチで使うより、ストップアンドゴーで使った方がいいです。

気をつけないといけないのは、早巻きしないこと。バスが反応してもついてこれない可能性があります。

遅め〜普通くらいのスピードで巻いてあげましょう。

 

 

まとめ

 

今回はまだ気温が安定しない時期の釣り方をご紹介しました。

4月中旬以降ならもっとシャローメインの釣りに切り替わってくると思います。

今はまだ難しいかもしれませんが、しっかりポイントをおさえることができれば貴重な一本が釣ることができますよ。

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いしますm(__)m

コメント