【デプス】ギラギラコウゲキ完成間近か?キープキャストにて最新版を見てきた。

デプス
スポンサーリンク

キープキャスト2019にて気になるルアーを発見しました。

それはデプスの「ギラギラコウゲキ」というルアーです。一体どんなルアーなのかさっそく紹介したいと思います。

 

ギラギラコウゲキとは

 

 

ギラギラコウゲキはデプスの奥村社長プロデュースのジャイアントベイトです。

5、6年ほど前からずっと開発を続けていて、いまだに発売されていません。

ですが、今年のキープキャスト2019ではほぼ完成形か?と思われるものが展示してありました!

めっちゃかっこよくないですか?

以前みたプロトタイプとはずいぶんと変わりました。

 

 

こちらがそのプロトタイプになります。

上部のヒレがなくなったり、テールにかけて細くなっていたり、結構変更されたみたいです。

 

 

実は2018年の3月に公開されたYoutubeの動画では「今年中に出します!」と言っていましたが、2018年には間に合わなかったみたいです。

5、6年も開発してきた製品なので、最後まで手を抜きたくないのでしょう。

奥村社長の製品へのこだわりは本当に尊敬します。

 

スペック

 

Length(長さ):全長30cm以上

Weight(重さ):約350g(12ozクラス)

 

中型くらいのバスくらいあります…。12ozなんてまともな人は投げようと思いませんよねw

発売されてもロッドがないので、まずは投げれるロッドを探さなければ…。

2019年はミニマム化されたルアーが多いので、こういったデプスらしい新しいルアーが登場するのは嬉しいかぎりです。

 

 

ボディ形状

 

たくさん写真をとってきたのでじっくり見ていきましょう!

 

 

まずは顔から、すごくリアルだ…。マス系の魚をイメージしているみたいですね!

リップは付いていないので、スライドスイマー250に近いルアーになるのかな。

 

 

ジョイント部分は真ん中ではなく結構後ろの方にあります。どんな動きになるんだろう…

お腹のにフィンのようなものも付いています。この部分は奥村社長が捨てがたい部分だと言っていました。

ちなみにフックは水来ですが、トリプルフックを採用しています。

 

 

かなり大きいテールパーツが付いています。ここまで大きいものは珍しいのではないでしょうか?

テールが大きすぎると上手く泳がなかったりするので、その辺りはかなり調整されたのかも。

動かしている時は波動が強くでそうですね。見た目だけでもすごいのにw

 

 

展示ケースに入っていたので上からはうまく撮れませんでした…。

ボディ厚みはそこまで太くないようです。

 

まとめ

 

ギラギラコウゲキかっこよすぎです!

今年中に発売することを願っていますが、購入しても投げれないので悔しい。

また詳しいことがわかったら追記していきますのでお楽しみに。

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いしますm(__)m

スポンサーリンク
スポンサーリンク
デプス
たにおをフォローする
Hooking

コメント