【初心者】スピナーベイトを使いこなそう。スピナベの基本や使いどころをご紹介!

ルアー
スポンサーリンク

「風が吹いたらスピナーベイト」と言われていますが、ブレード形状やカラーリングを使い分ければ1日中使用することが可能なルアーです。

今回はスピナーベイトの基本からシチュエーション、おすすめのルアーなどをご紹介したいと思います。

 

スピナーベイトとは?

 

 

スピナーベイトはアピール力が強いルアーだと言われています。

なのでやる気のあるバスを広範囲に狙うことに長けています。

根掛かりのしづらさ、強いアピール力、手返しの良さなどおかっぱりでランガンするには特におすすめです。

「スピナーベイトで釣ったことがない」「スピナーベイトがどうも苦手だ」という方、今回おすすめする形や色の選び方やシチュエーションを参考に投げてみましょう!

 

スピナーベイトの基本

 

ブレードの種類

 

出典:デプス

 

ブレードの種類はにはウィローリーフコロラドリーフの2種類があります。

 

  • ウィローリーフ→葉っぱのような形
  • コロラドリーフ→貝のような形

 

この二つのブレードの組み合わせが5パターンあります。

知らない方も多いと思いますので、それぞれの特徴をまとめてみました。

 

シングルウィロー シャローやウィードエリア向き、立ち上がりが早い
ダブルウィロー スタンダードで万能、使いやすい
タンデムウィロー フラッシング、水押し両方を兼ね備えている為、アピール力が一番強い
タンデムコロラド ディープエリアでのスローリトリーブ
シングルコロラド シャロー、中層のデッドスローリトリーブ

 

初心者の方におすすめは、スタンダードに使えるダブルウィロータンデムウィローになります。

シングルコロラドやタンデムコロラドは使う場面が限られてきますので、購入の際にはブレードの形をよく見てから購入しましょう!

 

ブレードのカラー選び

 

 

現在のスピナーベイトのブレードには様々なカラーが存在しています。

基本カラーのゴールド、シルバー、ガンメタ(黒)の三種類が一番使いやすいです。

 

  • ゴールド⇒雨の日、マッディウォーター
  • シルバー⇒曇りの日、少し濁りがある水
  • ガンメタ⇒ピーカンの晴れ日、クリアウォーター

 

このように天気や水の色でブレードを使い分けましょう!

これを知っているのと知らないのとでは大きく釣果に差がでると思います。

他にもピンクやホワイトなどのカラーもなります。スレているバスを狙ったりやアピール力をより強くしたいときなどにおすすめです。

 

  • 初心者の方にはダブルウィローかタンデムウィローがおすすめ
  • ブレードの色は天気や水の色で使い分ける

 

使いどころ、シチュエーション

 

1.風が吹いたタイミング

 

 

冒頭でも触れましたが、風が吹いたタイミングでスピナーベイトの能力が最大限に発揮します。

さざ波が立つことでブレードのフラッシング、波動が強くなります。

風の吹き始めのように自然の変化をバスは感じ取りますので、捕食タイムにアピール力の強いスピナーベイトを通すことでバイトの確率が上がるのです。

 

2.ウィードエリア

 

 

ミノーやクランクベイトといったハードルアーではキャストごとにウィードがフックに引っかかってしまいます。

スピナーベイトであればウィードレス性能があるのでストレスなく引いてくることができます。ウィードの間を通したり、ウェードにタッチするぎりぎりを通すと、中に潜んでいるバスに存在をアピールすることができます。

 

3.流れ込み

 

 

流れ込みのような水が動いているエリアではブレードのアピール力が発揮します。

フォールするだけでブレードが強くアピールしますので、ベイトフィッシュを待ち伏せしているバスを狙い打ちしましょう。

もしボイルしているような場面に遭遇したらバジングの早巻きが有効的です。

 

4.カバー

 

 

ハードルアーの中でも根掛かりのしづらいスピナーベイトですので、カバー周り、立木エリアでもタイトに攻めることができます。

ストラクチャーにバスが居付いている確率は高いため、諦めてしまいそうなポイントを取りこぼすことなく釣ることができるのです。

ストラクチャーにわざと当てることでリアクションバイトを誘発しましょう。

 

5.濁りがあるエリア

 

 

アピール力の強いブレードの水押しやフラッシングが濁りの入ったシチュエーションでも存在感を放ちます。

ゴールドブレードだけでなく、ブラックやホワイト、ピンクのようなカラーブレードも効果的です。

バスの反応を見ながらカラーローテーションしてみましょう。

 

まとめ

 

スピナベを使いどころを簡単にまとめると

 

  • 風がある時
  • ウィードの隙間や上を通す
  • 流れ込みにフォールさせる
  • カバー付近を通す
  • 濁りが強いエリア

 

基本は「投げて・巻く」これだけでOKです。あとは勝手にスピナーベイトがアクションしてバスを誘いだしてくれるのです。

レンジもトップからボトムまで広範囲に探ることができますので、まさに万能ルアーといっても過言ではないでしょう。

これからは何を投げようか悩んだらスピナーベイトで決まりですね。

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いしますm(__)m

コメント