【DSTYLE】クロールアップってどんなルアー?スペック、カラー、適合タックルなど。

DSTYLE
スポンサーリンク

DSTYLE×ジャッカル第二弾のクロールアップが発売されました。さっそくどんなルアーなのか紹介したいと思います。

 

クロールアップとは

 

出典:DSTYLE

クロールアップはDSTYLE×ジャッカルで共同開発されたクランクベイトです。以前にも『レゼルブ』というルアーが発売されているので第二弾となります。

 

『クランクベイトが嫌い』と言っていた青木大輔さんが本気で開発に取り組んだルアーです。

スペック

  • Length(長さ):48mm
  • Weight(重さ):6.5g
  • Type:フローティング
  • 潜行深度:1.5m
  • Price(価格):1,700円 ( 税別 )

 

小柄なクランクベイトになります。潜行深度は1.5mということでシャローで使うクランクということになります。共同開発ということで値段は少しお高めの設定ですね。

 

適合タックル

  • 6~6.5フィート低弾性カーボン又はグラスロッド
  • MLクラス
  • ナイロン又はフロロ8~12ポンド

 

青木大輔さんが使用していたタックルはこんな感じ。ボトムを狙う時はグラスよりカーボン性のロッドのほうがいいとのことでした。

 

ラインの太さで潜行深度がかわるので注意。8ポンドで1.2m、10ポンドで1mくらい。

特徴

ボトム這うように使う

クロールアップは何かに当てて浮かすというより、ボトムにコンタクトして這う(はう)ように使うクランクベイトです。クロールの意味は這うという意味らしいです。

そのため根掛りもしにくいような設計になっていて安心して巻き続けることができます。

ウォブンロールアクション

アクションはどんなフィールドでも対応できるウォブンロールに設定されています。そして48mmと小型でバスのサイズも問わないルアーになっています。バスを確実に絞り出す青木大輔さんらしいルアーです。

背中と腹のパッシングライン

出典:DSTYLE

クロールアップには背中と腹にパッシングラインが入っています。「明滅」感がバスの本能を刺激しリアクションバイトさせることができるらしいです。

 

  • ボトムを這うように使う
  • ウォブンロールアクション
  • パッシングラインで色の変化が出る

カラーバリエーション

出典:DSTYLE

クロールアップはカラーへのこだわりがあります。青木大輔さん曰く『クランクベイトはリアル感より色の明滅がしっかりしている方がいい』そうです。

一応クリアウォーターからマッディまで想定して8色が用意されています。

 

アピール力の強いクランクベイトだからこそ強めのカラーした方が釣れる。

まとめ

 

  • どんなフィールドでも使えるシャロークランク
  • ボトムを這うように使う
  • クランクは強めのカラーが有効

 

クロールアップはクランクが苦手という人でも使いやすいルアーだと思います。青木大輔さんが開発したんですから間違いないと思います。また実際に使った際にはレビューしたいと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いしますm(__)m

コメント