【バス釣り】山中湖のおかっぱりおすすめポイントをご紹介

ポイント情報
スポンサーリンク

山中湖は山梨県の富士山の麓にある山上湖です。

世界文化遺産にも登録された湖で、富士五湖最大の面積を誇ります。

定期的にバスの放流も行われているので、トップシーズンにはおかっぱりアングラーを始め、ボートフィッシングも賑わいます。

手堅く釣りたい場合は山中湖のホームページをチェックして放流直後を狙いにいきましょう。

 

平野ワンド

 

 

岸際にアシが生えており、バスのストック量が多いエリアです。

みさきキャンプ場側は足元から急なブレイクとなっていますので、バスの回遊ルートにもなっています。

トイレ、駐車場が完備していることもあり、常に釣り人がいる人気ポイントとなっています。

初心者の方はまずこのポイントから始めてみましょう。

 

ママの森

 

 

ママの森一帯がブレイク続きとなっていますので、ブレイクラインをシャッド系で丹念に探りましょう。

ウィードや地形に変化がある場所が狙い目です。

目ぼしいストラクチャーがありませんので、一ヵ所で粘るのではなくとにかくランガンしましょう。

スピナーベイトでウィードを探り、ジグヘッドでフォローを入れるような釣り方もおすすめです。

 

 

旭日ヶ丘

 

 

バスの放流場所ということもあり人気ポイントとなっています。

レンタルボート屋が点在していますので、桟橋での釣りはトラブルの元となるため避けましょう。

沖のウィードが主なポイントで、ノーシンカー、ジグヘッドで探っていきましょう。

 

デニーズ前

 

 

1~3mほどのシャローエリアで、ウィードの存在を確認できるかが攻略のカギです。

夏場はトップウォーターでの実績があるポイントです。

湖面付近までウィードが伸びているシーズンは特におすすめです。

 

 

なぎさ前

 

 

桂川の流れ込みがある一級ポイントで、常にバスを始めベイトフィッシュが豊富にストックしています。

ここでもウィードでの釣りが吉となりますので、ジグヘッドのミドスト、シャッドなどでウィードに引っ掛けながらリアクションバイトを誘いましょう。

 

まとめ

 

山中湖特有の富士山からの吹き下ろしがお昼頃からありますので、おかっぱりは午前中が比較的釣りやすい時間帯になります。

目ぼしいストラクチャーはあまりありませんので、ボトムの地形の変化や青々としたウィードを探すことがバスをキャッチするコツとなります。

放流直後はゲーリーヤマモトのイモグラブが最強です。

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いしますm(__)m

コメント