【レイドジャパン】新製品「レベルシャッド スプリンター68SR」登場!今までと何が違うの?

レイドジャパン
スポンサーリンク

レイドジャパンより2019年第一弾の新製品「レベルシャッド スプリンター68SR」が登場しました。今までのレベルシャッドと何が違うのか?詳しく見ていきましょう。

 

レベルシャッドスプリンターとは

レイドジャパンの2019年第一弾の「レベルシャッドスプリンター68SR」はその名の通り、シャッド系のルアーになります。

なんだレベルシャッドのレンジ違いのモデルか…と思った方もいると思いますが、オリジナルと形状やアクションが違うのでみたいです。

オリジナルだけでは色んな局面ですべてをカバーできないからシャローレンジ専用で作り直したのがスプリンター68SRということですね。

 

スペック

 

  • Length(長さ):68mm
  • Weight(重さ):5g
  • Type:サスペンド
  • 潜行深度:0.6~1.2m
  • Price(価格):未定

 

ボディサイズがオリジナル(50.3mm)より少し大きくなっています。その分、重量も少しだけ上がっていますね。

潜行深度は最大1.2mとなっていますが、竿を立てて使うと60センチくらいのラインも引いてこれるようです。シャローで使うにはもってこいって感じですね!

同じようなルアーだとレアリスの「ロザンテ 63SP」になってくるかな、レベルシャッドスプリンターも五三川とかでかなり使えそう。

 

 

MRも登場予定

 

 

レベルシャッドより深いレンジを狙えるMR(ミッドレンジ)も登場予定です。SRが一番最初に発売されるということでした。

これはそのうちDR(ディープレンジ)も出そうな感じがします。こういったバリエーションがあるとレイドジャパンのルアーで統一しやすくなるし、釣りの幅も広がるので嬉しいですね。

 

オリジナルとの違いは?

 

ミノーシェイプになった

 

▼レベルシャッド

▼レベルシャッド スプリンター68SR

 

サイズが大きくなったのですが、ただ大きくなっただけではありません。

画像を見比べてみるとわかりますが、オリジナルより細長くなり少しミノーシェイプになっています。これによりクランキング要素を排除しています。

シャローで使うことを計算して設計しなおしたということですね。レイドジャパンのこういったこだわりは本当にすごい。

 

  • ボディ形状が少しミノーシェイプに
  • クランキング要素を排除
  • よりエサっぽくなった

 

 

リップの素材が違う

 

 

スプリンター68SRには「サーキットボード」という硬い素材が使われています。

サーキットボードは、ハンドメイドルアーでよく使われる素材ですよね。通常のリップより薄くてそれなりに強度があります。

これを使うことにより大きくなった68mmのボディでも機敏なアクションを可能にしてくれているということです。

 

  • リップにはサーキットボードが使われている
  • 68mmでも機敏な動きが可能になった

 

 

紹介動画

 

 

カナモこと金森隆志さんが新しく登場するスプリンター68SRを詳しく紹介しています。

水中動画もあるので是非チェックしてみて下さい。すごいいい動きをしていますよ!

 

まとめ

レベルシャッド スプリンター68SRを簡単にまとめると

 

  • オリジナルとは形状が違う
  • ボディ形状がミノーシェイプになった
  • リップにはサーキットボードが使われている
  • より深いレンジのMR(ミッドレンジ)も今後登場予定

 

シャローで使えるシャッドって少なかったですね。

レイドジャパンの新製品はかなりいいところをついてきている気がします。

また新製品が登場したらご紹介したいと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いしますm(__)m

コメント