スイベルでテキサスリグを簡単に交換する工夫

リグ
スポンサーリンク

私はテキサスリグをよく使います。ですが、シンカーやストッパーをいちいちリグるのは面倒くさいですよね。

そういった場合に使用するのが…

そうスイベルです、こいつがめちゃくちゃ便利なんです!さっそく使い方を紹介したいと思います。

テキサスリグ

20センチくらいのラインを用意します。そこにスイベルを結びあとは普通にテキサスリグをリグるだけです。

こうすることによってスイベルの上のラインを切ればリグを解体せずにルアー変更することが可能です。

私はこんな感じでスイベルを連結させたテキサスリグをいくつか用意しています。

 

メリットとデメリット

実際の使っているのでメリットとデメリットを紹介したいと思います。

メリット

私の場合こうやってテキサスリグをあらかじめ用意しておきます。こうしておけばすぐに交換できますし、再度テキサスリグを作る必要がありません。

こういった釣りのストレスを無くすと釣果にも繋がると思います。

デメリット

デメリットは正直あまりないです。スイベル部分にゴミが付いてくる場合があるくらいでしょうか。

感度が悪くなるんじゃないか、ライン強度は大丈夫なのかと思う方も多いと思いますがそんなことは全然問題ありません。もちろん傷などのラインチェックは必ず行ったほうがいいと思います。

キャロダンスイベル

私の場合はリューギさんのキャロダンスイベルを使用しています。サイズはライトとミドルを使っています。

小さいほどカバー撃ちなどもやりやすいと思います。強度も十分にありますし、スイベルなのでもちろん糸よれの心配はありません。

キャロライナリグ

 出典:リューギ

 

スイベルといえばライトキャロで使われていますし、三又スイベルはヘビキャロでもよく使うと思います。キャロライナリグで釣ったことがある人はわかると思いますが、感度やラインブレイクなどにはそこまで影響しないですよね。

そしてダウンショットリグにも同じように使うことができます。ダウンショットリグは本当にリグるのが面倒くさいですよねw

まとめ

意外とやっている方も多いのかな?私はパンチングをやるとき以外はほとんどこのスイベルで連結したテキサスを使用しています。

おかっぱりなどではタックルを1~2本しか持っていかない方も多いと思います。そういったときにスイベルを使ったテキサスリグを用意しておくと非常に便利です。

今回は賛否両論あると思いますが、良かったら試してみて下さい!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いしますm(__)m

コメント