【デプス】クラップクローが今年一番釣れている

デプス
スポンサーリンク

皆さんは今年一番釣果があるルアーは何ですか?

私はデプスのクラップクローです。

今年友人に勧められて購入して、半信半疑で琵琶湖で使用したのですがこれがまた凄いのなんの。かなりの釣果をあげています。

今回はそのクラップクローを紹介していきたいと思います。

 

クラップクロー

 

 

クラップクローといえばデプスのガイド前田さんが多用することでかなり人気になりました。

今じゃなかなかお店では全然買えないレアなルアーになっています。その時はこんなに人気があるなんて全然知らなかったのですが、とりあえず入荷と同時に速攻で買いに行ってストックしました!

カラーも豊富でサイズは4インチと5インチがあります。私は4インチを使っています。

 

ボディ形状

 

 

全体的にスマートなボディ形状をしています。

クロー系というより、ストレートワームに近い感じですね。

ウィードの隙間やカバーに入りやすいのが特徴です。

 

クラップクローのおすすめのリグは以下になります。

 

  • テキサス
  • ジグヘッド
  • ラバージグ
  • ワッキーリグ

 

 

ハサミもなんかヒレがあるような形になっています。

触覚や足はかなり短めですね、なんかシャコみたいな感じです。

アピール力はそんなになさそうな感じがしませんか?

 

リグ&タックル

 

リグはテキサスで使用します。

2.5~3メートルのラインを狙うので、こんな感じのセッティングをします。

 

  • シンカー:5g
  • フックサイズ:#3/0
  • ライン:フロロ14ポンド

 

普段は竿の硬さはMH(ミディアムライト)を使います。

別にM(ミディアム)でも全然大丈夫ですが、琵琶湖だとパワー不足かなと思います。

 

釣り方

 

 

琵琶湖での釣り方は投げて、ずる引きちょんちょんアクションで使用していました。

クラップクローは倒れ込みアクションをしてくれるのでフォール後はしっかりステイさせましょう。

基本的なクロー系ワームの使い方と同じです。

今まで同じようなルアーを使ってきた方なら簡単に使いこなせると思います。

 

南湖で爆釣

 

 

今年の春から現在にかけて南湖でクラップクロー使ってきました。

もちろん他のワームのたくさん使っていますが一番釣れています。

下あごにフッキングしていますね、下手くそで申し訳ないw

 

 

サクラベビーというカラーがお気に入りです。

南湖ではこの色が一番反応が良かったです!春だったからかな?

2投連続で50アップが釣れたのは自分でもびっくりしました。

こいつだけで今年50upを3本とることができています。他にも40アップも多数釣れています。

 

まとめ

 

 

クラップクローのおかげでこんなにもいいバス君に出会うことができました。

信頼できるルアーが増えるのはバサーにとってかなり嬉しいことです。

お店でもなかなか手に入らないので、見つけたら即購入してみてください!今回は琵琶湖でしか使用していないですが、地元の川や野池でも使ってみたいと思います。

また釣果が出たらブログにアップしてきます!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いしますm(__)m

コメント