琵琶湖の北湖でバス釣り。まさかのお昼にデカバス、ポイントや釣れたリグを紹介。

琵琶湖
スポンサーリンク

琵琶湖の北湖で友人と一日バス釣りをしてきました。北湖の状況や釣果を報告したいと思います。

 

北湖東岸

朝一は北湖の東岸、高月周辺から始めました。北湖ということで水質はクリア、天候は曇りで風も少しありました。

まずは子バスの確認から、以前購入したKROスピンテールで探ります。

【デプス】KROスピンテール発売。リアフックが長い理由とは
デプスから初スピンテールジグとなる『KROスピンテール』が発売されました。 購入したのでさっそくどういったルアーなのか紹介していきたいと思います。 KROスピンテールとは 出典:デプス スピンテールジグはメタルバイブと違いテ...

 

 

めっちゃ小さいですが1発でヒット、これくらいのサイズ(10~25センチ)なら無限に釣れる感じでした。数釣りを楽しみたい方はワームを使うよりこういったスピンテールのルアーを使ったほうが手っ取り早いと思います。

デプスのKROスピンテールはアシストフックが付いているのでコバスのアタリも逃しません!

ライトリグのダウンショットもいいですが、スピンベイトなどの小型ルアーで狙った方が子バスは簡単に釣れますよ!

 

この時期の北湖はあちこちに子バスをサイトで確認できるので癒されますwブルーギルも活性が高く何匹か釣れました( ゚Д゚)

 

 

サイズアップを狙うためにデスアダー6インチのクリア&ウォーターメロンに変更。北湖といえばクリア系のカラーをチョイスしてしまいますw

投げ倒しましたが釣れず…バスは結構ボイルしていました。ちなみに漁港のみお筋周辺にはウィードがかなり残っていたのでポイントとしてはかなりいいと思います。

 

海津大崎

お昼休憩をはさみ海津大崎まで北上してきました。海津大崎といえば魚影が濃いことで有名です。

ここでも子バスはたくさんいました、もはや北湖は子バスだらけな感じです。

天気は晴れてしまい風もなく無風状態、これは釣れる気がしない…諦めかけていたその時…

 

一緒に釣りをしていた友人に大きなアタリが!

 

かなりの戦いの末上がってきたのが…

 

 

ブリブリに太ったデカバスでした!ナイスフィッシュ!

 

 

サイズは47cmの2.14kgの良型、小型に真ん丸としたお腹はまさに北湖バス。二人で大喜びでした!

そして気になる釣れたルアーはというと…

 

 

OSPのハイピッチャー3/8oz、カラーはスティールシャッドにトレーラーがドライブスティック3.5インチでした。

釣れた時間はお昼の13時半、水質はドクリアで天気はぴーかんの無風。こんな状況でなぜスピナーベイトで釣れる…ww

釣りに正解はないといいますが、固定概念にとらわれているとやっぱりダメですね!

使用していたのはガンメタブレードだったのでアピール力もそこまで強くなくて、ちょうどやる気のあるバスが食ってきたみたいです。

やっぱりクリアウォーターや晴れの日にはガンメタブレードですね!

夕方からは

 

知内漁港周辺をチェックしてから高槻周辺に戻りました。

気温や雰囲気、ベイトフィッシュの量など釣れる状況だと思いましたがそう上手くはいかず。

 

 

夕方チャンスを狙ってシャッドテール系のワームを巻き倒しました。結局夜7時くらいまで粘りましたが。大きなアタリはありませんでした。悔しい…。

それにしてもボトムアップのヴァラップスイマーはゆっくり巻いても、早巻きでも非常にいい動きをしてくれます。また改めて紹介したいと思います。

まとめ

秋まっさかりの北湖は子バス祭りでした。数釣りもデカバスも狙えるので皆さんも是非行ってみてください。

今回は意外な時間に意外なルアーで釣れたことに驚きました、この状況でこれは釣れないと決めつけるのは良くないですね。いい経験になりました。

近いうちにまたリベンジしたいと思います(^^)/

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いしますm(__)m

コメント