【デプス】Bカスタムチャターとサカマタシャッドの組合せがすごくいい。

デプス
スポンサーリンク

季節は晩秋、今回は琵琶湖でBカスタムチャターなどの巻物中心で釣りをしてきました。おすすめのトレーラーや釣果などを報告したいと思います。

 

Bカスタムチャターとは

出典:デプス

『Bカスタムチャター』はデプスから発売されているチャターベイトです。

ゴリゴリとした強波動金属サウンドでビッグバスを誘います。

濁りや強風などのスイムベイトでは弱すぎるという時に使いたいときや、広範囲で狙いたいときはとても有効なルアーです。

 

レンジキープがしやすい

 

チャターベイトはレンジキープが非常に大切なルアーです。

Bカスタムチャターはバランスがよくレンジキープがしやすいと思います。

そして回避性能が高いので初心者にも使いやすいルアーではにでしょうか。おかっぱりで水面直下を引いてくるのも非常に有効です。

 

千鳥アクションをしない

 

千鳥アクションとは不規則に動いて暴れるような動きのことをいいます。

Bカスタムチャターはこの千鳥アクションをしません。

セッティングによっては真っ直ぐ泳がない場合もあるのでプライヤーで調整しましょう。

 

千鳥アクションは好き嫌いが分かれるので、実際に使ってみてどちらがいいか試してみて下さい。
 

オススメのトレーラー

 

私のオススメトレーラーはなんといってもサカマタシャッド5インチです。

キムケンこと木村健太さんもチャターのトレーラーとしてよく使っているみたいです。

今回は北湖のクリアウォーター攻略ということでベイトフィッシュっぽいクリアカラーを選びました。

 

 

 

出典:デプス

サカマタシャッド以外にもデスアダーデスアダースティックなんかもおすすめです。

サイズはどちらも5~6インチがいいでしょう。

 

チャターはトレーラーによって泳ぎやレンジが変わってくるので色々試してみるのもいいと思います。
 

チャターの使い方

出典:デプス

チャターは一定速度で巻くだけでオッケーです。

しっかりとブレードがぶるぶる震えるスピードで巻きましょう。

あとはどのレンジを引いてくるかが重要です。Bカスタムチャターは3/8ozと1/2ozがあるので深さによって使い分けましょう!

 

巻くスピードにもよりますが3/8ozは3mまで、1/2ozは3m以上くらいで考えてくれればいいとおもいます。
 

釣果

気温は10℃、水質は少しターンオーバーしていてアオコ掛かっていました

。時間帯は午前6時前、日が昇り始めて少しずつ明るくなってきた時間帯でした。

釣りを開始してわずか1分、足元のシャローエリアでいきなりの強烈バイト。

あがってきたのが…

 

 

49.5センチのブリブリのデカバスでした!

小顔にこの体高、まさに北湖バス。突然のできごとで私もびっくり( ゚Д゚)だって2投目ですよw

 

 

Bカスタムチャターをばっこり食べちゃってます。

サカマタシャッドと組み合わせると本物の魚そっくりなので思わずバイトしちゃったのかな。

それにしてもチャターってこの時期に良く釣れます。

 

 

重量は2410g、このサイズにしては十分な重さです。

こんなにすぐ釣れることなんてなかなかないので朝からなんと運がいい!

このあと湖西に移動、一日投げ倒しましたが本日はこの一本で終了。

でもチャターで釣ろうと思っていったので自分的には満足できた一日でした。

おまけ

夕まずめの出来事、オーバスライブの『モラモラ』という少し大きめなバイブレーションを投げていたら…。

 

 

ハス君、がっつり食いにきてました…。

君とそんなサイズ変わらないよ?

それにしても私はよくハスを釣ります(´・ω・`)

いいオチをありがとう。

モラモラの使い方やセッティングもまた紹介したいと思います。

 

まとめ

Bカスタムチャターとサカマタシャッドの組合せは非常におすすめです。

この秋おかっぱりでもボートでも活躍してくれること間違いなしです!

それにしてもここ最近北湖に行っていますが、体こうのいいバスばかり釣れている感じです。

いつか4オーバーのデカバスを釣りあげたいです。オフシーズンまで頑張りたいと思います(^^)/

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いしますm(__)m

コメント