【大江川】12月の大江川でバス釣り。まだまだ子バスは元気でした。

大江川
スポンサーリンク

12月に入った一発目の釣行は大江川でした。多分今年最後の大江川にあると思うので、一日やりきりました。釣果や状況などを報告したいと思います。

東大江川から

 

まずは東大江川にやってきました。朝の冷え込みもどんどん着つくなって手袋がないと厳しくなってきました(´・ω・`)

色々考えましたが、朝一はタイニークラッシュを投げると決めていました!

タイニークラッシュのセッティング

ちなみに私のタイニークラッシュのタイプはLowフローティング。セッティングは、ショートリップにノーマルテール、フロントフック部分にTGグレネード1.2gを付けています。

これをデッドスローで超ゆっくり巻きます。水面から50センチくらいをゆらゆらと本当の魚のように泳いでくれますよ。

このセッティングならそんなに潜らないので根掛りも心配ありません、ビッグベイトの存在感で魚を寄せる作戦です!

朝一は不発

タイニーちゃん投げまくりましたが、不発に終わりました。やはり気温が上がってくる昼前からではないと厳しいかもしれない、ということで場所移動。

ちょっと下って中流域に行ってみることにしました。

 

札野ワンド

中流域の札野ワンドにやってきました。札野ワンドは周りが住宅街に囲まれていて、風がさえぎられるため冬場のポイントとして人気が高いそうです。

気温もだんだんと上がってきたので子バスがいるかの確認をしましょう。

 

 

選んだのはケイテックのスイングインパクト3インチのダウンショット。カラーはパープルしかなかったのしかたなく。

アクションはシェイクしずにすーっと引いてくるだけ。テールがしっかり動いてくれるのでナチュラルに使えます。さっそく手前のブレイクにぴょいと落とした瞬間にバイトしてきました。

 

小さいいいいwwでもバスでよかった!12月に入りましたがまだまだ子バスは動いてくれているみたいです。シャローにも何匹か子バスが目で確認できました。

これなら大きいバスも全然釣れそうな気がしてきました!

 

 

続いてはバルビュータのヘビダン。琵琶湖ばかり行っているので琵琶湖釣り方になってしまっている、大江川で効くのかは不明。

とりあえず沖まで遠投してみると水深は結構深い。アクション簡単で、ずるずる引いてくるだけ。テールがパタパタ動いて水をかき回してくれます。

あたりはなし、ルアーチェンジ!!

 

もう大江川といったらこれでしょ!困ったらドライブスティック3.5インチのノーシンカー。めっちゃいいフォールしてくれるし、こいつは放置でも水流でテール動いてくれます。

ずる引き、放置の繰り返し。ゆっくり違和感のないようにアクションさせていきます。春、夏、秋とこいつで釣れてくれたのに…冬はやっぱり厳しいです。

石亀ワンド

有名ポイントである石亀ワンドにやってきました。ここ最近雨が降っていないせいか、大江川は減水していて、ここもかなり水が少なかったです。

そして水があまり良くない感じ、場所によってターンオーバーが発生しているようです。ちょっとだけ通してここは終了。

夕方チャンス

お昼ご飯を食べてから札野ワンドに戻ってきたら、結構人が入っていました。夕方まではライトリグで手前のブレイク狙い。

 

色を変えてドライブスティックのダウンショットをやってみたり。

変な色のドライブシャッドを使ってみたりと色々やってみたけど、まったく釣れない。

いつもなら25~30センチのバスはそれなりに釣れるんだけどな…。バスはいるけど口を使わなくなってきているんでしょうね。

 

 

ちょっと暗くなり始めた夕方が狙い時だと思って粘りました。最後は朝と同様にタイニークラッシュでデカバス狙い。

が、そんなドラマはなくあっけなく辺りは真っ暗。今年最後の大江川は子バス一匹で終わりました。情けない( ;∀;)

大江川今年一年間ありがとう、来年もよろしく!

まとめ

12月になりましたが、大江川の子バスはまだまだ動いています。釣りたいという方は是非早めに行ってみてください。12月後半になるとさすがに厳しくなるかな。

これから忘年会シーズンで釣りに行けなくなるので辛い。次の釣行は12月30日になるので今日の子バスがもしかしたら今年ラストフィッシュかも…そうならないように頑張りますw

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いしますm(__)m

コメント