【春のバス釣り攻略】春のおすすめルアー5選。アクションや使いどころをご紹介。

ルアー
スポンサーリンク

桜が咲き始めてきたらバス釣りシーズンの到来です。

冬を越したバスは体力を回復させるために荒食いを始めます。春はスポーニングを意識したバスもシャローに上がってきますので、プリスポーンのデカバスを狙う数少ないシーズンと言えます。

今回の記事では3月~5月までの春バスにおすすめなルアーをご紹介していきたいと思います。

 

サスペンドミノー

 

出典:ジャッカル

春バスと言えば「サスペンドミノー」というのはバス釣り業界では長年のキャッチフレーズとなっています。

春の定番ルアーとなるにはもちろん理由があり、まさに「釣れる」からなのです。

三寒四温の春は気温、水温ともに変動が大きいため、急激に冷え込んだ日などはバスも低活性となります。

そんな食い気のないバスでも目の前にステイしているルアーがあるとしびれを切らしてバイトしてくるのです。

 

※スポーニングエリアで縄張り意識が強くなっているバスに対しても有効的ですが、ネスト撃ちは極力避けたいですね!

 

ジャッカル リレンジ

 

O.S.P ルドラ

 

バンタム リップフラッシュ

 

 

スピナーベイト

 

出典:O.S.P

水温の上昇とともにシャローエリアに上がってくるバスを狙うにはスピナーベイトが効果的です。

レンジを一定に引けること、ブレードのフラッシング効果で食い気のあるバスを狙い撃ちします。

着水直後にリアクションバイトすることもあるのでびっくりあわせしないように注意しましょう。

 

 

O.S.P ハイピッチャー

 

デプス Bカスタム

 

エバーグリーン Dゾーン

 

 

ビッグベイト

 

出典:DRT

ジョイクロなどのビッグベイトブームの到来で、ここ最近は春の定番ルアーとも言えます。

使い方はS字系やクラインキングなどビッグベイトによって様々です。

ポイントは冬のようにただゆっくり巻くのではなくステイ時間を長めにとったり、時にジャークを入れてリアクションで食わせる釣り方です。

集魚力がありますが、バイトまで持ち込めない場合はノーシンカーなどでフォローを入れてみましょう。

 

 

 

ガンクラフト ジョインテッドクロー178

 

DRT タイニークラッシュ

 

デプス スライドスイマー

 

ラバージグ

 

 

シャローに上がってきたバスはアシやゴミ溜まりなどに身をひそめます。

春のメインベイトとなるザリガニなども現れますので、甲殻類を意識したトレーラーを採用したラバージグは春の鉄板のルアーになります。

冬のようにキャスト後数分間シェイキングするのではなく、ボトム着底後に2~3回リフト&フォールしたら次のポイントにキャストして手数を稼ぎましょう。

 

 

デプス ハイパーフットボールジグ

 

デプス フラットバックジグ

 

O.S.P ゼロワンジグ

 

エバーグリーン キッカーバグ

 

デプス ベコンクロー

 

 

ネコリグ

 

 

上記のルアーで釣れないような条件であれば、バスはまだまだ冬モードかもしれません。

シャローのストラクチャー周りを丹念に探り、アタリがないようであれば、一段深場のブレイク周りをチェックしてみましょう

ズル引き、シェイキングで冬のような食わせの釣りとなりますが、より確実にキャッチすることができます。

 

 

OSP ドライブクローラー

 

ゲーリーヤマモト カットテール

 

ZBC スワンプクローラー

 

まとめ

 

春は1年を通してデカバスに出会える確率が高い季節だと考えます。

特に私の経験談としては「桜が満開になる頃」が春のピークだと感じます。

春バス攻略のカギは先ほども触れた「三寒四温」のどの日に釣行しているのか?がポイントです。

暖かければ攻めの釣り、寒い日であれば冬の釣りをイメージしてもらえれば魚の居場所も分かってくると思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いしますm(__)m

コメント